現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. まちかど博物館 >
  5. まちかど博物館のご案内 >
  6.  まちかど博物館 体験レポートvol.3改訂版 ~グラスアート~
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 文化振興課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

まちかど博物館 体験レポートvol.3改訂版 ~グラスアート~
2019.6.19公開 2021.1.6改訂

 
 今回ご紹介するのは、まちかど博物館・生活色彩「グラスアート」です。

  県ホームページではこちらでご紹介しています。



 「グラスアート」とは、一枚のガラス・アクリル等に、特殊なカラーフィルムと、接着剤付きの鉛のリード線を貼って作品作りを楽しむクラフトです。ステンドグラスに似た雰囲気を楽しむことが出来ますが、ステンドグラスに比べて、手軽に短時間で、安全に作ることができるのが大きな特徴です。

 

 

 県の文化振興課の職員が、グラスアートを体験しました。未経験者なので、簡単な作品を作らせて頂きました。


 下の写真は、図案が貼ってあるプラスチックの小物入れに、形を切り抜いたカラーフィルムを貼ったところです。




その後、へらを使って、フィルムの端に接着剤付きのリード線を貼っていきます。


 

 このリード線を貼る作業は、やってみる前には単純に思えましたが、図案に沿って美しく貼るのは難しかったです。柔らかく非常に扱いやすい鉛の「リード線」ですから、図案に合わせて曲げていくこと自体はそれほど難しくありません。しかし、結果が美しく仕上がるかというと別問題です。初めてやった私は、ちょっと歪な形に…。





 しかし、館長さんには、「それが世界に一つだけのオリジナル作品です。」とおっしゃっていただきました。確かに、人の手で貼られた曲線には、なんともいえない味が生まれています。



 とても楽しいクラフトなので、機会があれば皆様も是非体験してみてください。グラスアートにご興味を持たれた方は、下記にお問い合わせを。
 


生活色彩「グラスアート」

西尾 朋子 館長
日本ヴォーグ社グラスアート
アドバンスインストラクター/シルエットアートインストラクター
  
 
四日市市塩浜本町
1-65
電話/FAX 059-345-3115
E-Mail tomoko321115@yahoo.co.jp
☆体験等は要予約/ 子どもの夏休み体験教室についてはご相談させていただきます。



※ご見学等の際は、十分な感染症対策をお願いいたします。


 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 文化振興課 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2176 
ファクス番号:059-224-2408 
メールアドレス:bunka@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000227137