現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化 >
  4. 文化財 >
  5. トピックス >
  6. 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」(熊野参詣道) >
  7.  伊勢路について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 社会教育・文化財保護課  >
  4.  記念物・民俗文化財班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の教育 - 三重県教育委員会ホームページ

伊勢路について

 紀伊山地の霊場を結ぶ参詣道である熊野古道のうち、伊勢路が伊勢と熊野を結ぶ街道としてかつて賑わいをみせ、「熊野年代記」によると、享和年間(1801~1804)頃には2万人以上の巡礼者が通ったとあります。現在伊勢路は、国道をはじめとした車道に変わってしまった区間も多いですが、昔から変わらずひっそりとした峠道などで残されてきた部分も少なくありません。
 伊勢路は、伊勢の田丸(現度会郡玉城町)から初瀬本街道(はせほんかいどう)と分かれ、多気町相鹿瀬(おうがせ)、大台町栃原、大宮町滝原さらに大内山村間弓(まゆみ)を経て、東紀州地域を縦断し、熊野速玉大社あるいは熊野本宮大社へ向かいます。その特色としてあげられることとして、石畳道が良好に残ることと、紀州徳川藩初代藩主徳川頼宣による熊野街道の整備に伴い、東海道などのいわゆる五街道以外の街道としては異例な宿駅や一里塚が設けられたことなどがあります。また、江戸時代はお伊勢参りから熊野詣へ、そして西国三十三ヶ所観音霊場巡りへと向かう、とくに東国の巡礼者が多かったことといわれています。

ツヅラト峠からの眺め波田須の鎌倉石畳

 弘化二(1845)年正月から4月にかけて現在の千葉県にあたる下総国(しもふさのくに)根戸村から熊野古道伊勢路を通り熊野へ向かった神戸由左衛門の「道中日記帳」では、伊勢山田より原(玉城町)-駒村(大内山村)-尾鷲浦(尾鷲市)-木元浦(熊野市)でそれぞれ宿泊し、4泊で新宮へ至った道中の行程がわかります。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課 記念物・民俗文化財班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-3328 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:shabun@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000067400