現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 農山漁村振興 >
  5. 企業等との協働活動 >
  6. 県内活動事例(平成27年度) >
  7.  岡谷鋼機株式会社⇔農事組合法人飛雪の滝百姓塾の取組紹介
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農山漁村づくり課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

岡谷鋼機株式会社⇔農事組合法人飛雪の滝百姓塾の取組紹介

 

 岡谷鋼機株式会社(名古屋市中区)、農事組合法人飛雪の滝百姓塾(紀宝町浅里地区)との間で、農山村活性化の取り組みについて合意し、平成27年4月から協働活動をスタートしました。 

協定書調印式&第1回目の作業の様子(4月25日)

 平成27年4月25日に、岡谷鋼機株式会社、農事組合法人飛雪の滝百姓塾との間で「農山村活性化の取り組みに関する協定書」を締結しました。

協定

 ▲ 平成27年4月25日協定締結。今回の活動は、新入社員の研修活動にも位置づけられています。

 田植えに突入

▲ 本日は上天気、日頃の行いが良かったのでしょうか。初めて田植えをする人ばかり、泥に足を取られ大丈夫?

 大人数での田植え

▲ 紀宝町浅里地区で大勢の新入社員が集まり、壮大な田植えです。

 コケることも

▲ タマにはこんなことも。大丈夫ですか?

 お昼

▲ 田植えが終わり待ちに待ったお昼の時間です。一仕事を終えて休憩タイム。

 ジビエカレー

▲ お昼は、ジビエカレーと具沢山のおすましです。ジビエはシカだそうです。すごく美味しいと評判でした。おかわり自由で、米切れになりましたとさ。地元のお母さんたちが朝早くから準備してもらいました。うまかったです。ありがとうございました。

 竹林へ向かう  

▲ お昼の休憩が終了し、いざ竹林整備へレッツゴー。

 集落に点在する竹などは、獣の隠れ家となります。手入れのされていない竹林などを減らすことで、被害を少なくする効果があります。

 器用にのこぎりを使い

▲ 女性も上手にのこぎりを使って、竹を切りそろえていきます。すごいスピードです。

 沢山の竹

▲ 1時間半ほどで沢山の竹が切り出され、みるみる竹林が減っていきました。新入社員の皆さんの馬力は凄いです。

 集合

▲ 作業終了。切り出した竹をバックに記念撮影。お疲れ様でした。

  名古屋から4時間以上をかけて、紀宝町浅里地区に駆けつけてくれました。

 インタビュー

 ▲ 作業終了後、TV局の取材もありました。皆さんお疲れ様でした。

 

これからは、地域との交流を行いながら8月の稲刈りに向けて共同作業を行っていきます。これまでの災害復旧からのお付き合いもあり、岡谷鋼機さんも飛雪の滝百姓塾さんも、慣れたいい雰囲気でした。今回は新入社員研修の一貫ということもあり、元気いっぱいの若者たちの活躍に、地元の方も目を細めていました。 

これに懲りずに、またこれからの作業に参加してほしいですね。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 農山漁村づくり課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2551 
ファクス番号:059-224-3153 
メールアドレス:nozukuri@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000066201