現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 産業 >
  4. 伝統産業・地場産業 >
  5. 三重の伝統工芸品 >
  6.  四日市萬古焼
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 三重県営業本部担当課  >
  4.  伝統産業・地域資源活用班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

四日市萬古焼  

 画像をクリックすると大きい画像が表示されます




 


 
 江戸時代中期に、桑名の商人・沼波弄山(ぬなみろうざん)が、茶の趣味が高じて、現在の朝日町に窯を築き、茶器を焼いたのが始まりとされています。そして、自分の作品が永遠に伝わるように願いを込め、「萬古不易(ばんこふえき)」の印を押したのが、萬古焼の名の由来です。
 萬古焼は、陶器と磁器の中間的な性質を持つ半磁器に分類され、大きな特徴は耐熱性にあります。直火にかけたり空焚きしたりしても十分に耐え得るものであり、その耐熱性を活かし、土鍋等の調理器具が数多く生産されています。萬古焼の調理器具は、遠赤外線効果で保温性が高いことでも知られています。
 また、急須も萬古焼を代表するものの一つで、鉄分を多く含む地元の赤土粘土を使用し、釉薬を使用せず焼き締めた紫泥(しでい)急須は、萬古焼のシンボルになっています。
 1979年(昭和54年)1月12日から経済産業大臣指定の伝統的工芸品に指定されています。


主な製品名

 茶器、花器、酒器、茶道具、室内置物

主な製造地

 四日市市、三重郡菰野町、朝日町、川越町、 他

産地組合名

 萬古陶磁器工業協同組合
  四日市市京町2-13 TEL 059-331-7146

関連施設

 ばんこの里会館 萬古陶磁器振興協同組合連合会( 萬古陶磁器卸商業協同組合萬古陶磁器工業協同組合) 
  四日市市陶栄町4-8 TEL 059-330-2020
  *ばんこの里会館では、絵付け体験や陶芸体験を行っています。詳細は、上記までお問い合せください。

関連情報

 四日市萬古焼は、三重ブランドにも認定されています。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 三重県営業本部担当課 伝統産業・地域資源活用班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2336 
ファクス番号:059-224-3024 
メールアドレス:eigyo@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000041903