現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 県政運営 >
  4. 出納・会計 >
  5. 資金運用 >
  6.  ペイオフ解禁について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  出納局  >
  3. 出納総務課  >
  4.  出納・資金班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県出納局

資金運用(歳計現金、基金)

預金保険制度(いわゆるペイオフ制度)とは

銀行など預金を取り扱う金融機関が経営破たんした場合、金融機関から集めた保険料によって保険対象となる預金について一定限度まで預金者に払い戻し、そのうえで健全な金融機関へ事業等を移管する制度をさします。日本では、1金融機関ごとに預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等の合計額が、支払い保証の上限額となります。

ペイオフ制度の歴史をさかのぼると、日本では1970年代に創設されました。しかし、90年代初頭に信用組合が破たんし、ペイオフが実施されると預金者に動揺が広がり、ひいては金融システムの危機につながりかねないとの判断から、政府は、96年に、2001年3月末までの間、ペイオフ制度を緊急避難的に凍結し、特例措置として預金の全額を保護することを決めました。

さらに、金融不安が完全に払拭していない現状でペイオフを解禁するのは時期早尚と判断した政府は、99年末に再び2002年3月末までペイオフ凍結を延長することにしました。

そして、2002年(平成14年)4月にペイオフ凍結が一部解除され、以降預金を預けた金融機関が破たんした際には、預金の種類によっては元本が全額戻らない人も出てくる可能性があります。ただし、2003年(平成15年)4月以降も、当座預金や普通預金などといった決済用預金(平成17年4月以降は、要求払、決済目的、無利子の3要件を満たすもの)は全額保護されます。

また、預金保険法の改正により、2003年(平成15年)4月から、金融機関の破綻時点で、振込・手形交換・口座引き落とし等により決済が未結了となっているもの(仕掛かり中の決済に係る破綻金融機関の債務)が新たに全額保護されることになりました。

ペイオフ解禁のスケジュール
  平成14年
3月末まで
平成14年4月~
15年3月末まで
平成15年4月~
17年3月末まで
平成17年4月~
(ペイオフ完全実施)





当座
預金
全額保護 全額保護(特定預金) 全額保護(決済用預金) 全額保護(決済用預金)
普通
預金
別段
預金
全額保護(特定預金) 全額保護(決済用預金とみなす) 利息のつかないもの 全額保護(決済用預金)
利息のつくもの等 ※1と同じ
定期
性預

外貨
預金

譲渡
性預
金等
(※1)合算して元本1000万円までとその利息等を保護
保険対象
外商品
保険対象外(破綻金融機関の財産状況に応じて支払)
仕掛かり
中決裁に
係る破綻
金融機関
の債務
保護の枠組み存在せず 全額保護

※上表中、決済用預金とは、要求払い、決済目的、無利子の3要件を満たす預金をいいます。当座預金、無利息の新型普通預金などがそれにあたります。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 出納局 出納総務課 出納・資金班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁1階)
電話番号:059-224-2781 
ファクス番号:059-224-2784 
メールアドレス:suito@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000038033