現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. キッズサイト >
  4. キッズ版データボックス >
  5. グラフで見よう三重のすがた >
  6.  商業(しょうぎょう)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  分析・情報班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

商業(しょうぎょう)

次項目(じこうもく)

商業事業所数(しょうぎょうじぎょうしょすう)が多(おお)い市(し)

商業事業所には卸売業(おろしうりぎょう)の事業所(じぎょうしょ)と小売業(こうりぎょう)の事業所の2種類(しゅるい)があります。
 平成(へいせい)26年(ねん)7月(がつ)1日現在(げんざい)の商業事業所数は1万(まん)6,523事業所(じぎょうしょ)でした。
 また県内(けんない)でいちばん商業事業所数が多い市は四日市市(よっかいちし)でした。

商業事業所が多い市

資料(しりょう):三重県(みえけん)戦略企画部(せんりゃくきかくぶ)統計課(とうけいか)「三重(みえ)の商
          (しょうぎょう)」 

販売額(はんばいがく)が多(おお)い小売業の種類

平成25年の小売業の販売額は1兆(ちょう)7,495億円(おくえん)でした。
 その中(なか)でどのような種類の小売業の販売額が多いのかを見(み)てみると、飲食料品小売業(いんしょくりょうひんこうりぎょう)がいちばん多く、全体(ぜんたい)の26.5%(ぱーせんと)をしめています。


 

小売業販売割合

 資料:三重県 戦略企画部 統計課「三重の商

輸出額(ゆしゅつがく)が多い国(くに)、輸入額(ゆにゅうがく)が多い国

 四日市港(よっかいちこう)において、平成28年にどの国(くに)への輸出(ゆしゅつ)やどの国からの輸入(ゆにゅう)が多かったかを見てみると、いちばん輸出額が多かった国は、アメリカ合衆国(がっしゅうこく)で約1,630億円でした。
 また、いちばん輸入額が多かった国は、サウジアラビアで約3,345億円でした。

 輸出が多い国輸入が多い国

 資料:名古屋税関(なごやぜいかん)「貿易年表(ぼうえきねんぴょう) 平成28年《四日市港》(よっかいちこう)」                

ことばの説明(せつめい)

卸売業(おろしうりぎょう)

品物(しなもの)を作(つく)った人から買(か)いあげて小売業などに売る仕事(しごと)です。

小売業(こうりぎょう)

卸売業者などから品物を買ってわたしたちに売る仕事です。

輸出(ゆしゅつ)

 自分(じぶん)の国(くに)の商品(しょうひん)などを他(ほか)の国へ売ることです。

輸入(ゆにゅう)

 他(ほか)の国の商品などを自分の国へ買(か)い入れることです。
 


次項目(じこうもく)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 分析・情報班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-3051 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000013587