現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 地域づくり >
  4. 東紀州振興 >
  5. 熊野古道 >
  6. 熊野古道アクションプログラム >
  7.  熊野古道アクションプログラム 保全と活用のための活動指針
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 東紀州振興課  >
  4.  事業推進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

熊野古道アクションプログラム

熊野古道アクションプログラム3 保全と活用のための活動指針

 熊野古道の保全と活用について取りまとめた「熊野古道アクションプログラム2」を改定し、「熊野古道アクションプログラム3」を策定しました。

 世界遺産の登録から10 年を迎えた今年(平成26 年)、これまでの活動や考え方について検証し見いだされた成果と課題、および今後予想される社会環境の変化等を踏まえて、今後10 年の活動指針、5 年程度の取組の方向性をとりまとめました。

 地域の住民はもとより、市民活動団体、事業者、専門家、行政機関など熊野古道に関わる全ての人々、団体が、ここにまとめた基本的な考え方に沿って、熊野古道の本質を理解した上でその保全と活用に取り組み、「熊野古道伊勢路」を後世に継承していきたいと考えています。

    ・熊野古道アクションプログラム3 保全と活用のための活動指針 (PDFファイル:4.4MB) 

熊野古道アクションプログラム2 追記編

 策定から3年を経過した「熊野古道アクションプログラム2」の見直しとともに、平成21年に世界遺産登録5周年を迎えるにあたり、関係各位が取り組む活動の指針として、「熊野古道アクションプログラム2 追記編」をとりまとめました。
   ・熊野古道アクションプログラム2 追記編 (PDFファイル:1.12MB)

熊野古道アクションプログラム2~世界遺産・熊野古道の保全と活用のために~

 熊野古道の保全と活用について取りまとめた「熊野古道アクションプログラム」を改訂し、「熊野古道アクションプログラム2」を策定しました。

第1期アクションプログラムの策定から3年が経過し、世界遺産登録後の状況を踏まえて、延べ240人、約100団体の住民、事業者、市町村等の関係者の参画を得て、大幅な見直しを行いました。

改訂においては、これまでの熊野古道関係者へのアンケート調査を基に、そこから浮かびあがった課題に対する専門家や関係者からの聞き取り調査、それらの成果をテーマにしたシンポジウムなどで方向性を見出し、平成17年6月26日に開催した熊野古道協働会議総会で合意を得ました。

今後は、東紀州地域の住民はもとより、市民活動団体、事業者、専門家、行政機関など、熊野古道に関心を寄せる多くの人々と一緒に、ここでまとめた基本的な考え方と具体的な取組に沿って、熊野古道をはじめとする世界遺産を保全し、その本質を十分理解したうえで活用していきたいと考えています。

熊野古道アクションプログラム2 全編 (PDF 8.6MB)
※表示に少々時間がかかりますのでご了承ください。

(ご注意)

Adobe Readerのダウンロードページ各アクションプログラムはPDF形式を使用しています。表示や印刷を行うには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。「Adobe Acrobat Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。  

 

アクションプログラムの入手方法

三重県東紀州振興課へお問合せください。
TEL:059-224-2193 e-mail:hkishu@pref.mie.jp

(参考リンク)
熊野古道のページ

三重県立熊野古道センター

東紀州地域振興公社

 

 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 南部地域活性化局 東紀州振興課 事業推進班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2193 
ファクス番号:059-224-2418 
メールアドレス:hkishu@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000065826