現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 医療総合 >
  5. 三重県公立大学法人評価委員会 >
  6.  公立大学法人三重県立看護大学の平成30年度業務実績及び第二期中期目標期間終了時に見込まれる業務実績に関する評価結果を公表します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 医務国保課  >
  4.  医務・県立病院・看護大学班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

公立大学法人三重県立看護大学の平成30年度業務実績及び第二期中期目標期間終了時に見込まれる業務実績に関する評価結果を公表します

 三重県公立大学法人評価委員会は、地方独立行政法人法に基づき、公立大学法人三重県立看護大学(以下「法人」という。)の平成30年度の業務実績及び第二期中期目標期間終了時に見込まれる業務実績について評価を行いましたので、その結果を公表します。
 
1 趣旨
 法人は、各事業年度の業務実績について、三重県公立大学法人評価委員会の評価を受けなければならないこととされています。(地方独立行政法人法第78条の2第1項)
 三重県公立大学法人評価委員会は、今年6月から8月にかけて評価委員会を開催し、当該評価を行いましたので、地方独立行政法人法第78条の2第5項に基づき公表するものです。
 
2 評価結果の概要
(1)平成30年度業務実績に関する評価
 公立大学法人三重県立看護大学の第二期中期目標期間の4年目にあたる平成30年度の業務実績は、「教育」に関する項目については、教育内容、教育の質の向上、学生の支援について取り組まれており、顕著な成果が認められ、年度計画を順調に実施していると認められました。
 「研究」に関する項目については、研究水準及び研究の成果等、研究実施体制等の整備について取り組まれており、年度計画を順調に実施していると認められました。
 「地域貢献等」については、多様な主体との連携の中で、様々な活動を実施しており、特に優れた実績を上げていると認められました。
 「業務運営の改善及び効率化」、「財務内容の改善」、「自己点検・評価及び情報の提供」、「その他業務運営」の各項目についても順調に実施していることから、全ての項目について年度計画を計画どおり遂行しており、全体として中期計画を順調に実施していると認められました。

(2)第二期中期目標期間終了時に見込まれる実績に関する評価
 平成21年度に地方独立行政法人化された三重県立看護大学の第二期中期目標期間(平成27年度から令和2年度)が終了するにあたり、第二期中期目標の達成見込みについて、次のとおり、中期目標を達成できる見込みであると認められました。
 「教育」、「研究」に関する項目について、高大接続事業として、高校生を対象に、入学前の段階で看護職への理解等を促す取組を行ったこと、「三重県の保健医療福祉に貢献する意思を持つ入学生」を増やすため、平成30年度入試から継続して入試改革に取り組んだことなど、中期目標の達成状況は良好であると認められました。
 「地域貢献等」に関する項目について、公開講座や、県からの受託事業に取り組んだほか、県内11病院と連携協力協定を締結するなど、三重県内のさまざまな団体・組織・個人との連携によって、幅広く地域貢献を推進していることに加え、平成29年度から開講した「認定看護師教育課程(認知症看護)」において、継続して成果を上げるなど、中期目標の達成状況は良好であると認められました。
 「業務運営の改善及び効率化」、「財務内容の改善」、「自己点検・評価及び情報の提供」、「その他業務運営」の各項目について、中期計画の内容を順調に実施しており、中期目標の達成状況は良好であると認められました。

(参考)三重県公立大学法人評価委員会の概要
○ 設置目的等
三重県が設立する公立大学法人の業務の実績に関する評価を行うために、知事の附属機関として設置
 
○ 評価委員会の主な事務
各事業年度における業務実績に関する評価
中期目標期間終了時に見込まれる業務実績に関する評価 ほか
 
○ 三重県公立大学法人評価委員会名簿
      氏 名               役 職 等
委員長  森 正夫    名古屋大学名誉教授
委 員    村本 淳子     浜松医科大学監事
委 員    井熊 信行   公認会計士
委 員    笠井 貞男   ㈱百五銀行 常勤監査役
委 員    伊藤 惠子   伊藤印刷㈱ 専務取締役
(委員会の事務局は、三重県医療保健部医務国保課が担っています。)
 
○ 三重県公立大学法人評価委員会の開催状況
第1回 令和元年 6月 11日
第2回 令和元年 7月 9日
第3回 令和元年 7月 30日
第4回 令和元年 8月 21日
 
○ 関係条文(地方独立行政法人法)
第七十八条の二 公立大学法人は、毎事業年度の終了後、当該事業年度が次の各号に掲げる事業年度のいずれに該当するかに応じ当該各号に定める事項について、評価委員会の評価を受けなければならない。この場合において、第二十八条から第三十条までの規定は、公立大学法人には、適用しない。
一 次号及び第三号に掲げる事業年度以外の事業年度 当該事業年度における業務の実績
二 中期目標の期間の最後の事業年度の前々事業年度 当該事業年度における業務の実績及び中期目標の期間の終了時に見込まれる中期目標の期間における業務の実績 
三 (略)
2 公立大学法人は、前項の評価を受けようとするときは、設立団体の規則で定めるところにより、各事業年度の終了後三月以内に、同項第一号、第二号又は第三号に定める事項及び当該事項について自ら評価を行った結果を明らかにした報告書を評価委員会に提出するとともに、公表しなければならない。
3 第一項の評価は、同項第一号、第二号又は第三号に定める事項について総合的な評定を付して、行わなければならない。この場合において、同項各号に規定する当該事業年度における業務の実績に関する評価は、当該事業年度における中期計画の実施状況の調査及び分析を行い、その結果を考慮して行わなければならない。
4 評価委員会は、第一項の評価を行ったときは、遅滞なく、当該公立大学法人に対して、その評価の結果を通知しなければならない。この場合において、評価委員会は、必要があると認めるときは、当該公立大学法人に対し、業務運営の改善その他の勧告をすることができる。
5 評価委員会は、前項の規定による通知を行ったときは、遅滞なく、その通知に係る事項(同項後段の規定による勧告をした場合には、その通知に係る事項及びその勧告の内容)を設立団体の長に報告するとともに、公表しなければならない。
6 設立団体の長は、前項の規定による報告を受けたときは、その旨を議会に報告しなければならない。
7 第二十九条の規定は、第一項の評価を受けた公立大学法人について準用する。

○公立大学法人三重県立看護大学平成30年度業務実績に関する評価結果報告書
○公立大学法人三重県立看護大学第二期中期目標期間終了時に見込まれる業務実績に関する評価結果報告書

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 医務国保課 医務・県立病院・看護大学班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2337 
ファクス番号:059-224-2340 
メールアドレス:iryos@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000230567