現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 人権・男女共同参画・NPO >
  4. 三重県人権センター >
  5. 人権相談 >
  6.  差別的な落書きを発見された「県民の皆さんへ」
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 人権センター  >
  4.  相談課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

差別的な落書きを発見された「県民の皆さんへ」

差別的な落書きは、そのまま放置されれば見た人に差別意識を新たに植えつけたり、差別意識を助長する恐れがあります。
 このため、差別的な落書きを発見された場合には、次のような対応をお願いします。

差別的な落書きを
発見
通報
すぐに施設管理者に通報してください。
確認
施設管理者とともに現場を確認し、発見時の状況を記録してください。

差別的な落書きを発見された「施設管理者の方へ」

1.確認・保存

発見者(通報者)とともに現場を確認し、人目に触れないよう落書きを遮蔽し、保存をお願いします。

  • トイレ内部の場合などは、扉をロックするか、「使用禁止」の表示をしてください。
  • 通路の壁など通行止めにできない場合は、表面を紙や板などで覆うような工夫をしてください。
  • 発見者が立ち会いできない場合は、連絡先、状況等を聞いておいてください。

2.通報・連絡

すみやかに市町又は近くの県・国の機関に通報・連絡をお願いします。

  • 施設の所在地を管轄する市役所または町役場の人権担当主管課・・連絡先名簿
  • 施設の所在地を管轄する県地域防災総合事務所・地域活性化局人権担当課・・連絡先名簿
  • 施設の所在地を管轄する津地方法務局の各支局・・連絡先名簿
  • 津地方法務局人権擁護課・・・059-228-4193
  • 三重県人権センター相談課・・059-233-5516

3.記録

落書きの内容、現場の状況をできる限り正確、詳細に記録をお願いします。
(カメラ、ビデオ等の活用もお願いします。)
①発見時の詳細、特徴(例 年月日、午前○時○分、当日祭りで人の出入り多し)
②発見者、通報者の連絡先等
③発見場所の詳細(例:○○ビル地下1階男子トイレ奥から2番目、扉内側下部)
④内容の詳細
⑤材料等(例:太黒マジック)
⑥大きさ(全体○cm×○cm)
⑦その他特記すべきこと(周囲の状況、被害の状況など)

 

4.被害届・処理・報告

①警察への被害届の提出をお願いします。
施設管理者は、できる限り被害届(器物損壊・名誉毀損)の提出を検討してください。
*警察は、具体的な被害者・被害金額がない場合には被害届を受理せず、相談として受ける場合もあります。
②関係者と協議後、すみやかに処理をお願いします。
関係者の現場確認や、警察の現場検証が終了後、すみやかに削り取るか、ペンキで塗りつぶすなど、 落書きを消去してください。
③処理結果の報告をお願いします。
処理した結果を関係先に報告してください。(できれば写真を添えてください。)

5・管理・点検

差別的な落書きが発生しないよう、日頃から管理・点検をお願いします。

●職場内でも人権に関わる学習に取り組み、差別を許さない人と人との絆の輪をつくりましょう。

●人を差別したり、ひぼう・中傷する落書きは重大な人権侵害です。みんなで協力し、落書きのない明るい社会にしましょう。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 人権センター 相談課 〒514-0113 
津市一身田大古曽693-1
電話番号:059-233-5516 
ファクス番号:059-233-5511 
メールアドレス:jinkenc@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000037076