現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. すまい >
  4. 耐震 >
  5. 建築防災 >
  6.  被災建築物応急危険度判定士登録講習会開催のご案内
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 建築開発課  >
  4.  建築安全班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

e-すまい三重

被災建築物応急危険度判定士登録講習会開催のご案内

被災建築物応急危険度判定とは

地震で被災した建築物の余震による倒壊や落下物などから人的被害を防止するために、建築物の安全性を応急的に判定し、建築物の危険の程度を住民に情報提供するものです。判定は、資格を持った判定士が被災した建築物を調査し「危険」、「要注意」、「調査済」の3段階に判定します。判定活動は緊急を要するため、地震災害発生直後から速やかに実施されます。

三重県では、東南海地震の発生、更には東海地震・東南海地震・南海地震の同時発生によって大きな被害が出ると予想されており、その対策が重要になっています。
この対策の一環として、平成7年度より被災建築物応急危険度判定士の登録制度を設け、現在、約1,800名の方の登録をいただいております。
 この制度は、建築士や特定建築物調査員などの資格をお持ちの皆様に、必要な講習会を受講のうえ被災建築物応急危険度判定士としてご登録いただき、地震災害発生時にはボランティアとして、現地で被災建築物の危険の程度を判定していただくものです。新潟県中越地震、新潟県中越沖地震、平成28年度当初に発生した熊本地震の際には、本県からも判定活動に参加し、余震等による二次災害の防止のためご活躍いただきました。また、平成23年の東日本大震災では、延べ約9,000人の判定士が活動を行っています。
 建築士の方や受講資格のあるすべての皆様に、応急危険度判定制度の趣旨をご理解いただき、当講習会を受講され、応急危険度判定士として、震災後の安全確保を図るため何卒ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 なお、平成28年度からは、一級建築施工管理技士も応急危険度判定士として登録できるようになりましたので、是非お申込みください。
 


平成29年度は平成29年11月8日(水)の開催となります。

 ホームページからの申込みは以下のリンクをクリックしてください。

 パソコンの申込みはこちらから

 携帯電話からの申込みはこちらから

   スマートフォンからの申込みはこちらから

案内文書(PDFファイル 688KB)



●申し込み資格

 三重県内にお住まい又はお勤めで、次のいずれかに該当する方がお申し込みいただけます。(既に被災建築物応急危険度判定士資格をお持ちの方も、聴講していただけます。)

※ 建築士試験等に合格し、免許を申請中の方も申込みができます。申請書の登録番号の欄は空欄とし、通信欄に「申請中」とお書きください。

  • 建築士法(昭和25年法律第202号)第2条第1項の建築士(1級・2級・木造建築士)
  • 建築基準法施行規則(昭和25年建設省令第40号)第6条の5の特定建築物調査員
  • 建設業法(昭和24年法律第100号)第27条の1級建築施工管理技士


●日時、会場および定員

平成29年11月8日(水) 三重県庁 講堂棟 講堂 定員・・・250名

※ 駐車場の確保ができない場合がありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

※ 過去に三重県被災建築物応急危険度判定士として、ご登録をされていた方は、再登録の際、改めて講習会を受講いただく必要はありません。再度、認定申請を行っていただければご登録をいただくことが可能となっております。   


●講習内容

時間 内容 講師

13:00~13:10
13:10~13:35
13:35~14:05
14:05~14:30
休憩
14:45~15:05
15:05~15:40
15:40~16:30

挨 拶
応急危険度判定制度について
応急危険度判定 共通事項について
W造の応急危険度判定基準について

S造の応急危険度判定基準について
RC造の応急危険度判定基準について
受講修了証交付及び認定申請について

三重県県土整備部建築開発課長
三重県県土整備部建築開発課
(一社)三重県建築士会 
        〃

        〃
        〃
事務局

※ 受付は、12:30から行います。

◎受講料 無料 テキストは三重県で用意します。(ただし、現判定士の方は、申し訳ありませんが受講後返却願います。)


●被災建築物応急危険度判定士の登録・認定証の発行について

この講習会を受講された方は「三重県被災建築物応急危険度判定士」として登録していただきます。後日、「被災建築物応急危険度判定士認定証」を発行いたします。

本講習会は建築士会継続能力開発(CPD)制度の認定講座です。(3単位)


●申し込み期間

平成29年9月1日(金)~平成29年10月20日(金)

※定員(250名)になり次第締め切りますのでお早めに申込をお願いします。(定員となった場合は新規受講者を優先させて頂きます。)


●申し込み・受講にあたっての注意事項

  • 講習会当日の申し込み・受付は行いませんので、ご了承ください。
  • 講習会当日、「応急危険度判定士認定(更新)申請書」を記入していただきますので、必ず次のものを持参してください。

(1) 建築士免許証又は特定建築物調査員資格者証又は1級建築施工管理技士の技術検定合格証明書の写し
  (提出用にコピ-したものをお持ちください。)

(2) 証明写真2枚(申請書及び認定証に使用します。)
写真は、縦4cm×横3cm  
無帽、正面向き、上半身、カラ-(2枚)

  • 受講者には(一社)三重県建築士会の受講修了証を発行します。


●問合せ・申し込み先

一般社団法人 三重県建築士会
 〒514-0003 津市桜橋2丁目177-2     Tel.059-226-0109   Fax.059-225-4281

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 建築開発課 建築安全班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2752 
ファクス番号:059-224-3147 
メールアドレス:kenchiku@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000035990