現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. すまい >
  4. 住まい >
  5. 住宅市街地整備 >
  6.  市街地開発などの促進
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 住宅政策課  >
  4.  住まい支援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

e-すまい三重

市街地再開発などの推進

市街地整備関連事業

主に民間事業者が主体となって行える事業

# 市街地再開発事業

# 優良建築物等整備事業

# 住宅市街地総合整備事業

# バリアフリー環境整備促進事業

  

主に地方公共団体等が主体となって行える事業

# 市街地再開発事業

# 優良建築物整備事業

# 住宅市街地総合整備事業

# バリアフリー環境整備促進事業

# 街なみ環境整備事業 

 

    

( 注意 )
 下記の事業については、要件に適合すれば必ず補助を受けられるというものではありません。
計画する事業の位置、事業内容等が、各事業制度の趣旨、及び当該市町のまちづくりに係る計画等に合致し、かつ、当該市町に補助要綱等が定められている場合に限り、国、市町の予算の範囲内の額の補助を受けることができます。

※現在は三重県による補助はありません。

 

 

市街地再開発事業

都市再開発法に基づき、都市において低層住宅が密集しているなど、平面的な市街地を、細分化された敷地を大きな一つの敷地に統合し、不燃化された共同建築物に建て替え、防災性能を高めるとともに、公園、緑地、街路などの公共施設とオープンスペースを確保し、良好な都市環境を実現することなどを目的としています。
 市街地再開発事業は第一種事業(権利変換方式)と第二種事業(買収方式)に区分されています。

 

優良建築物等整備事業

 市街地再開発事業が法律に基づき行う事業のため数々の法手続きを必要とするのに対し、この事業は制度要綱だけに基づく事業であるため、比較的簡単な手続で施行できるというメリットがあります。一方、再開発事業に比べ補助を受けられる部分が少ないなど、デメリットもあります。

 

 住宅市街地総合整備事業

大都市地域等の既成市街地において、職住近接型の良質な市街地住宅の供給を推進するため、住宅等の建設、公共施設の整備等を総合的に行う事業です。

 

 バリアフリー環境整備促進事業

市街地における高齢者等の快適で安全な移動を確保するための施設等の整備することによって、高齢者等の利用に配慮した建築物のさらなる整備を促進させることを目的としています。 

 

 

街なみ環境整備事業

住宅密集地で、生活道路などの地区施設が整備されていないなど、住環境の整備改善を要するところで、道路、公園、防火水槽、集会所、電線地中化、モニュメント、案内板等の各種施設を整備する事業です。

 

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 住宅政策課 住まい支援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2720 
ファクス番号:059-224-3147 
メールアドレス:jutaku@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000036344