現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. すまい >
  4. 住まい >
  5. 居住支援 >
  6.  三重県居住支援連絡会
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 住宅政策課  >
  4.  住まい支援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

e-すまい三重

三重県居住支援連絡会(三重県あんしん賃貸支援事業)

新着情報(平成29年12月更新)

「平成29年度居住支援フォーラム」を開催しました。

 三重県居住支援連絡会では、新しい住宅セーフティネット法が施行されたことを踏まえ、空き家等を活用して住宅と福祉が連携して新たに取り組む方法について、事例を踏まえて考えるフォーラムを開催しました。
 当日は、120名を超えるたくさんの皆さまにご参加いただきました。(チラシはこちら)

 フォーラムでは、まず事業説明として県の担当者より、新たな住宅セーフティネット制度について説明をおこないました。
 講演の前半は、日本FP協会三重支部幹事の生川奈美子氏を講師にお迎えし、「生活困窮者の家計管理のケア」と題して、家計管理を行う上でのポイントや行政・ケースワーカー、大家、生活困窮者の関わり方等についてご講演頂きました。
 講演の後半は、金城学院大学准教授の加藤悠介氏を講師にお迎えし、「空き家の福祉活用と居住支援」と題して、空き家の福祉転用について先進事例の紹介や空き家を福祉活用するにあたってのポイント等についてご講演頂きました。

 

 日時 平成29年12月12日(火) 午後1時30分~4時30分
 
 場所 三重県勤労者福祉会館6階 講堂

 内容 〇事業説明「新たな住宅セーフティネット制度について」
    〇講演「生活困窮者に対する家計管理のケア」
      講師 日本FP協会三重支部 幹事 生川 奈美子 氏
    〇講演「空き家の福祉活用と居住支援」
      講師 金城学院大学 准教授 加藤 悠介 氏
 

三重県居住支援連絡会とは

 高齢者、障がい者、外国人、子育て世帯などは、民間賃貸住宅に入居するとき、言語の壁や保証人の確保に苦労したり、入居後のトラブルなどを心配し、家主から入居を断られることがあります。

 そのような、住まいの確保が難しい方(住宅確保要配慮者)に対し、トラブル仲裁や緊急対応の案内といった、必要な支援を行うことを目的に、不動産関係団体、民間の居住支援団体、行政が協力して設立した団体です。平成29年7月現在、次の17団体が参加しています。

不動産関係団体

公益社団法人三重県宅地建物取引業協会

公益社団法人全日本不動産協会三重県本部

居住支援団体

特定非営利活動法人愛伝舎

特定非営利活動法人三重県精神保健福祉会

社会福祉法人鈴鹿市社会福祉協議会

社会福祉法人亀山市社会福祉協議会

特定非営利活動法人ハートピア三重

社会福祉法人伊賀市社会福祉協議会

社会福祉法人名張市社会福祉協議会

社会福祉法人津市社会福祉協議会

行政

鈴鹿市

亀山市

四日市市

伊賀市

名張市

津市

三重県

 三重県居住支援連絡会紹介パンフレットはこちら(PDF形式

三重県あんしん賃貸支援事業とは

あんしんすまい三重ロゴ 三重県居住支援連絡会が行う活動で、高齢者などの入居を断らない民間賃貸住宅や不動産店に関する情報を提供するとともに、さまざまな支援をおこないます。このことにより、住まい探しにお困りの方が安心して住まうことができ、かつ家主が安心して住まいを提供できるようにします。

 具体的には、

  • 居住支援団体は、入居者にルール・マナーの指導、緊急時の通報対応、通訳の派遣、入居者と家主との間のトラブル仲裁等を行います。
  • 行政は、高齢者などの支援を行う団体、高齢者などの入居を断らない賃貸住宅、高齢者などに積極的に物件を紹介する不動産店をホームページで公開します。また、住まいの相談に訪れた方に対して、居住支援団体等の紹介を行います。

 三重県においては、平成29年7月現在、四日市市、鈴鹿市、亀山市、伊賀市、名張市、津市において事業を実施しています。
 

 住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅

 賃貸住宅の賃貸人の方は、住宅確保要配慮者の入居を拒まない住宅として、都道府県・政令市・中核市にその賃貸住宅を登録することができます。都道府県等では、その登録された住宅の情報を、住宅確保要配慮者の方々等に広く提供します。その情報を見て、住宅確保要配慮者の方々が、賃貸人の方に入居を申し込むことができるという仕組みです。

対象となる方(入居者)
 低額所得者世帯、高齢者世帯、障がい者世帯、外国人世帯、子育て世帯、被災者(発災後3年以内)世帯等であって、家賃等を支払うことができ、自立した日常生活ができる方(支援を受けることによって自立ができると見込まれる方を含みます。)

詳細は、下記をご覧ください。

 住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅

 
(参考)三重県あんしん賃貸住宅
 高齢者、障がい者、外国人、子育て世帯のいずれか1つ以上を受け入れることとして、三重県に届出があった賃貸住宅です。
  届出された住宅は、「高齢者などの入居を拒まない住宅」として、あんしん賃貸協力店(県に届出があった出不動産店)から入居のあっせんを受けることができます。

 三重県あんしん賃貸住宅全件リスト

 三重県あんしん賃貸住宅協力店リスト

※「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」(平成29年10月25日施行)第8条に基づく登録住宅とは異なります。

居住支援冊子について

 連絡会では、三重県あんしん賃貸住宅協力店の一覧や制度について取りまとめた冊子・パンフレットを作成しました。そのPDFデータを下記からダウンロードしてご覧いただけます。なお、協力店および団体等の名称・データは作成当時のものです。また、印刷される際は用紙サイズの設定にご注意ください。

あんしん すまい 三重

鈴鹿・亀山あんしんすまいじょうほう2014

2014年1月作成 鈴鹿・亀山版(日本語)

ANSHIN SUMAI MIE

SUZUKA-KAMEYAMA2014

2014年1月作成 鈴鹿・亀山版(スペイン語)

ANSHIN SUMAI MIE

SUZUKA-KAMEYAMA2012

2012年3月作成 鈴鹿・亀山版(ポルトガル語)

あんしん すまい 三重

四日市あんしんすまいじょうほう2014

2014年3月作成 四日市版(日本語)
ANSHIN SUMAI MIE Yokkaichi 2014 2014年3月作成 四日市版(スペイン語)
ANSHIN SUMAI MIE Yokkaichi 2013  2013年3月作成 四日市版(ポルトガル語)
あんしん すまい みえ
伊賀・名張あんしんすまいじょうほう2016
2016年3月作成 伊賀・名張版(日本語)

関連リンク

高齢者住宅財団の家賃債務保証制度

「賃貸住宅標準契約書」について

民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業 (平成26年度事業終了)


当サイトはリンクフリーですが、上の事業ロゴを利用される場合は県住宅政策課までメールでご一報ください。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 住宅政策課 住まい支援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2720 
ファクス番号:059-224-3147 
メールアドレス:jutaku@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000036324