現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. すまい >
  4. 建築基準 >
  5. 建築安全 >
  6.  大雪時における建築物の被害防止のための注意喚起について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 建築開発課  >
  4.  建築安全班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

e-すまい三重

大雪時における建築物の被害防止のための注意喚起について

 建築物の所有者、管理者等の方へ注意喚起

 平成26年2月に関東甲信地方において、大雪により体育館等の屋根の崩落やカーポートの倒壊などの建築物の被害が発生したことを踏まえ、国土交通省から建築物の被害防止のための注意喚起がなされました。

技術的助言(平成26年12月12日:国住指第3407号)(PDF:84KB)

(参考)「建築物の雪害対策について 報告書」

 報告書本文(PDF:272KB   添付図表等(PDF:986KB)

特に注意が必要な建築物

 特に注意が必要な以下の建築物等について、定期的な点検・補修をお願いします。

・勾配が緩やかな鉄骨造屋根の建築物

・膜屋根の建築物

・カーポート

・アーケード

・老朽化した木造住宅

災害時の避難所に指定される体育館等の防災拠点施設については、上記の技術的助言のとおり、構造耐力上の確認等を行い、積雪の状況等必要に応じて使用停止等の措置をお願いします。

気象庁による注意喚起

 一定以上の降雪及び降雨が予測される場合に、気象庁より各地方気象台等が発表する気象情報等で簡易な建築物等の大雪被害に対する注意喚起が行われます。

 

〔このページの内容に関するお問い合わせ先〕
建築開発課建築安全班 TEL:059-224-2752

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 建築開発課 建築安全班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2752 
ファクス番号:059-224-3147 
メールアドレス:kenchiku@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000066244