このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 委員長会議 > 平成27年12月21日 委員長会議 概要

平成27年12月21日 委員長会議 概要   

資料はこちら

委員長会議概要

 

日 時   平成27年12月21日(月) 午前11時52分~午後0時12分

出席者   中村進一議長、中森博文副議長、藤根正典総務地域連携常任委員長、

      田中智也戦略企画雇用経済常任委員長、東豊環境生活農林水産常任委員長、

      石田成生健康福祉病院常任委員長、中村欣一郎防災県土整備企業常任委員長、

      小島智子教育警察常任委員長、青木謙順予算決算常任委員長、

      舘直人議会運営委員長、下野幸助人口減少対策調査特別委員長

事務局   鳥井局長、原田次長、川添総務課長、佐々木企画法務課長、米田議事課長、

      企画法務課各書記、議事課各書記、上野、松本

県政記者  なし

傍聴者   2名

概 要

1 県外調査について(資料1)

 9月30日委員長会議報告後に実施した県外調査活動について、予算決算常任委員長から資料1により報告がありました。

2 各委員会の活動状況について(資料2)

 予算決算常任委員長、各行政部門別常任委員長、人口減少対策調査特別委員長から、資料2により、平成27年12月までの各委員会の活動状況、今後の予定等についての報告がありました。
 なお、中村防災県土整備企業常任委員長から、先の委員会において「三重県復興指針(仮称)」策定の調査を進める中で、実際に被災した場合には、復興指針、復興事業予算の策定等、議会の意思決定が必要な場合が出てくるはずであり、その場合は、議論のための十分な時間の確保が難しい中で、議会としてどのように行動していくかをあらかじめ検討しておく必要があるのではないか、現在の中間案では、議会との関わりについての記載がほぼ見受けられないことから、議会としても検討していく必要があるのではないかとの意見が委員からあったとの報告がありました。
 これに対して、引き続き常任委員会で調査し、最終案に向けしっかり議論していただくとともに、議会としての意思決定に関わるような案件については、必要に応じて、代表者会議で検討・協議していくこととされました。
 また、こういった課題があることについて各会派で共有していただき、本日出席のない会派については、事務局から周知することとされました。

3 その他

 12月18日の代表者会議で決定した「三重県議会 議会活動計画」について、議会活動計画に基づき、2月定例月会議において、常任委員会の活動の評価を試行的に行うこととなり、詳細については、別途、事務局から正副委員長に説明することとされました。
 また、次回の委員長会議の開催については、「みえ県民力ビジョン・第二次行動計画」最終案及び「第二次三重県行財政改革取組(仮称)」中間案に対する知事への申し入れ内容について協議するため、平成28年1月18日(月)本会議散会後に行うことを確認しました。

ページの先頭へ