このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 代表者会議 > 平成30年5月15日代表者会議概要

平成30年5月15日代表者会議概要

開催年月日   平成30年5月15日(火曜日) 午前10時1分~午後2時0分

場所        議事堂5階504議会運営委員会室

出席議員     舟橋裕幸議長、水谷隆副議長、三谷哲央議員、津村衛議員、濱井初男議員、
          藤根正典議員、大久保孝栄議員、津田健児議員、中嶋年規議員、小林正人議員、
          藤田宜三議会運営委員長

傍聴議員     村林聡議員、長田隆尚議員、今井智広議員、岡野恵美議員、山本里香議員、
          倉本崇弘議員、稲森稔尚議員、野村保夫議員

傍聴者      2名

事務局職員   湯浅真子事務局長、岩﨑浩也次長、山岡勝志総務課長、佐藤史紀議事課長、
          稲垣雅美企画法務課長、西塔裕行調整監、長﨑禎和政策法務監、
          中西健司班長、黒川恭子主幹

概要  
1 役員選出について
 (1)行政部門別常任委員会の定数及び配分について(資料
 
 ・定数及び配分は、以下のとおりとされました。
  ・欠員3名については、定数9名の3委員会(総務地域連携、戦略企画雇用経済、防災県土整備企業)にそれぞれ1名置くこととされました。

常任委員会名 定数 新政
みえ
自由
民主党県議団
自民党 能動 鷹山 公明
日本
共産党
大志 草の根
運動
いが
青峰
総務地域連携 9(1)            
戦略企画雇用経済 9(1)          
環境生活農林水産          
医療保健子ども
福祉病院
         
防災県土整備企業 9(1)          
教育警察          
予算決算 50※                    

定数欄内の( )は欠員数
※議長は就任しない

(2) 議会運営委員会の定数及び配分について(資料
(3) 予算決算常任委員会理事の定数及び配分について(資料
・定数、配分とも次回協議することとされました。
 
(4) 特別委員会の名称及び所管事項等について(資料5-1、資料5-2

   ・特別委員会の新規設置については、次回協議することとされました。

(5) 議長・副議長の選出について(資料6、7
  ・所信表明会は立候補制とし、座長は舟橋裕幸議長とされました。
  ・5月17日(木曜日)午前9時から12時までを立候補の届出期間とし、所信表明会を同日午後1時30分から行うことが確認されました。
  ・翌年4月が議員改選のため、議長についても任期1年であることが確認されました。(申し合わせは変更なし)

(6) 各種充て職役員・委員への就任について(資料8
   ・例年どおり、正副議長及び常任委員長を充て職とするものは、その者とし、常任委員を充て職とするものは、各常任委員会で選出することとされました。


(7) 各種役員の選出方法について(資料9~14
 ア 行政部門別常任委員会の正副委員長の選出方法について
  ・例年どおり、指名推選とすることが確認されました。
                                  
 イ 予算決算常任委員会の正副委員長の選出方法について
  ・例年どおり、指名推選とされました。
  ・正副委員長の配分については、委員長は新政みえから、副委員長は自由民主党県議団からとされました。  
 
 ウ 議会運営委員会正副委員長の選出方法について
 エ 特別委員会正副委員長の選出方法について
 オ 監査委員について
  ・次回協議することとされました。
 
 カ 四日市港管理組合議会議員の選出方法について
  ・議長の指名推選により行うこととされました。
  ・在任期間1年の議員を3名選出することが確認され、配分は新政みえ2、自由民主党県議団1とされました。
  ・四日市港管理組合議会議長については、自由民主党県議団からとされました。
  ・任期2年目の山本勝議員は所属会派が変更されたが、引き続き務めることとされました。
 
 キ 各種審議会委員の配分について
  ・環境審議会委員3名は、新政みえ2、自由民主党県議団1とされました。
  ・都市計画審議会委員6名は、新政みえ3、自由民主党県議団2、公明党1とされました。
 
 ク 広聴広報会議委員の定数及び配分について
  ・昨年と同様、座長を除いた定数を10とされました。
  ・会派別内訳は新政みえ4、自由民主党県議団3、日本共産党1、大志1、青峰1とされました。
 
 ケ 議会改革推進会議役員の配分について 
  ・2年任期のため、昨年度選出された役員は引き続き務めるが、昨年度に自民党から選出された役員は現在、自由民主党県議団の所属であるので、そのように読み替えることとされました。
  ・現在の自民党から役員(幹事)に加わることとされました。

(8) 会議録署名議員及び選挙立会人について(資料15
  ・5名以上の会派から指名することとなっており、新政みえと新しく結成された自由民主党県議団の2会派から指名することが確認されました。

(9) その他

5月15日の協議結果
 
●次回代表者会議  5月16日(水曜日)午前10時から(15日の資料をそのまま使用する)

ページの先頭へ