このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 発表コメント等 > 安倍総理辞意表明に対する議長コメント

安倍総理辞意表明に対する議長コメント

平成19年9年12日

 本日突然辞意表明の報に接し、大変驚きました。参議院議員選挙での自民党の敗北はありましたが、総理は10日の臨時国会の所信表明演説で「引き続き改革に取り組む」と決意を述べられたばかりですので、辞意表明があるとは夢にも思いませんでした。
 総理は「地方分権」を内閣の最重要課題として位置づけられて、地方分権改革推進法を成立させ、地方分権改革推進委員会や第29次地方制度調査会を着実に進められており、内閣も「政策実行内閣」に改造されたばかりで、これからの「実行」に期待していたところですので本当に残念に思います。
 安倍総理には、これまでのご労苦に心から感謝と敬意を表するところです。
 今後は、速やかに新総理を選出の上、国民生活の安定を図られますことをお願いしたいと思います。

三重県議会議長  岩 名 秀 樹

ページの先頭へ