このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 平成18年第3回定例会で可決した意見書、決議(10月10日可決分)

平成18年第3回定例会で可決した意見書、決議(10月10日可決分)

北朝鮮の地下核実験に抗議し、核兵器の廃絶等を求める意見書

 核兵器の廃絶は、唯一の被爆経験国である日本はもとより、人類共通の願いであり、各方面で核兵器廃絶等への取組が漸次行われてきたところである。
 このような状況の中で、今般、北朝鮮政府が地下核実験を強行したことは、核兵器の廃絶を願う国際世論を無視した暴挙であり、断じて容認できるものではない。
 北朝鮮による核実験は、我が国の安全に対する重大な挑戦であるのみならず、北東アジア及び国際社会の平和と安全に対する重大な脅威である。
 よって、本県議会は、国に対し、北朝鮮政府に強く抗議し、制裁措置を断行し、再び核実験を行うことのないよう働きかけるとともに、今後、関係各国との連携を図り、すべての国の核兵器の製造、実験、貯蔵、使用等に反対し、包括的核実験禁止条約の早期発効に一層努めるよう強く要望する。

 以上のとおり、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成18年10月10日

三重県議会議長  藤田 正美

(提出先)

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
外務大臣

 

北朝鮮の地下核実験に抗議する決議

 北朝鮮は、昨日、核実験を実施した旨の発表を行ったところである。
 このような北朝鮮の行動は、北朝鮮が大量破壊兵器の運搬手段となり得る弾道ミサイル能力の増強をしていることと併せ考えれば、深刻な問題であり、極めて憂慮すべきものである。
 これは、我が国の安全に対する重大な挑戦であり、断じて容認できないゆゆしい問題である。北朝鮮に対し厳重に抗議し、断固として非難する。
 本県議会は、北朝鮮に対し、すべての核兵器及び既存の核計画の放棄並びに核兵器不拡散条約及びIAEA保障措置への早期復帰を約束した六者会合の共同声明の完全な実施を改めて強く求める。

 以上、決議する。

  平成18年10月10日

三重県議会

 
ページの先頭へ