このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > その他 > 三重県地方議会交流記念講演会

三重県地方議会交流記念講演会

中華人民共和国駐日本国特命全権大使 王 毅 閣下
三重県地方議会交流記念講演会
「中国の発展と日中関係の展望について」

1 講演会の開催
 平成19年7月11日(水)に三重県津市において、中華人民共和国王毅駐日本大使をお招きし、三重県地方議会交流記念講演会を三重県議会(岩名秀樹議長)の主催により開催しました。
 講演会には、県議会議員はもとりより、三重県内の各市町議会議員や県内日中友好団体代表者、県内経済団体代表者など、190人が参加する大規模な講演会になりました。

 

2 講演会の概要
 開会にあたり、岩名秀樹三重県議会議長の開会あいさつ、野呂昭彦三重県知事の来賓あいさつがありました。

 

(1)講演
 「中国の発展と日中関係の展望について」 王毅駐日特命全権大使
 中国の現状、高度成長を維持してきた理由、発展の中での問題点やその解決方法などについての説明の後、今後の日中関係の展望についてお話がありました。今後の日中関係では、人的な交流が大切であり、その中で地元特産品の中国輸出や観光客の誘致などが地方振興につながっていくとのことでした。

 

(2)意見交換
 桜井三重県議会副議長の司会により、意見交換が行なわれ、次のような質問がありました。

  • 軍事費を地球の平和と地球を守る費用に回すような声を訴えていただけないか
  • 人民元の国際化についての所見
  • 日中関係において印象に残っている日本人、また今後のキーマンについて

 

Adobe Readerのダウンロードページ三重県ホームページでは一部関連資料等をPDF形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
ページの先頭へ