このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 平成20年第1回定例会で可決した決議(3月7日可決分)

平成20年第1回定例会で可決した決議(3月7日可決分)

  沖縄県における海兵隊員による事件に抗議する決議

  去る2月10日、沖縄本島において、在沖米海兵隊員による未成年者に対する暴行事件が発生した。
  我が国は、これまで米軍人・軍属等による事件・事故が発生するたびに綱紀粛正、再発防止及び関係者への教育等を徹底するよう米軍等に申し入れてきたところであるが、それにもかかわらず、今回、またもやこのような事件が発生したことに対し激しい憤りを禁じ得ない。
 1月には米軍人による強盗致傷事件が発生するなど悪質で凶悪な事件が依然として後を絶たず、また、今回の事件以降も米軍人による事件が発生していることを考えると、米軍の綱紀粛正への取組や軍人への教育の在り方に疑問を抱かざるを得ない。
 よって、本県議会は、今回の事件に対し強く抗議するとともに、国に対し、下記の事項が速やかに実現されるよう強く求めるものである。

 記

  1. 米軍人の綱紀粛正及び人権教育を徹底的に行うなど実効性のある具体的な再発防止策について万全を期すこと。
  2. 米軍基地に起因する様々な事件・事故から国民の生命・財産・人権を守る立場から、日米地位協定を見直し、抜本かつ適正に改正すること。

 以上、決議する。

  平成20年3月7日

                       三 重 県 議 会

ページの先頭へ