このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 意見書・決議 > 平成23年第3回定例会で可決した意見書及び決議 > 東日本大震災からの復興及び森林・林業の再生に向けて森林整備加速化・林業再生事業の拡充延長を求める意見書

東日本大震災からの復興及び森林・林業の再生に向けて森林整備加速化・林業再生事業の拡充延長を求める意見書

東日本大震災からの復興及び森林・林業の再生に向けて
森林整備加速化・林業再生事業の拡充延長を求める意見書

 平成21年度補正予算により造成された基金事業である森林整備加速化・林業再生事業により、都道府県においては、関係者が一体となって路網整備や林業機械の導入等により間伐材の利用促進等を図り、間伐の推進や林業・木材産業の再生を図ってきたところであるが、この事業は平成23年度までの時限措置である。
 さて、今般の東日本大震災により、製材・合板工場などの木材加工・流通施設等に甚大かつ広域に及ぶ被害が発生し、被災した住宅や公共施設の復旧に必要な木材の供給など、今後の本格的な復興に向け、全国規模で支援を進めていくことが求められている。
 また、森林の有する多面的機能の発揮や林産物の供給及び利用促進のためには、これまでの森林・林業の再生のための取組を継続的かつ安定的に実施する必要があり、この事業の継続は不可欠である。
 よって本県議会は、国において、この森林整備加速化・林業再生事業を拡充延長されるよう強く要望する。

 以上のとおり、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

    平成23年10月18日

             三重県議会議長 山 本  教 和

(提 出 先)
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
農林水産大臣
東日本大震災復興対策担当大臣

ページの先頭へ