このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 意見書・決議 > 平成23年第3回定例会で可決した意見書及び決議 > 防災対策の見直しを含めた総合的な学校安全対策の充実を求める意見書

防災対策の見直しを含めた総合的な学校安全対策の充実を求める意見書

防災対策の見直しを含めた総合的な学校安全対策の充実を求める意見書

 今後30年以内に東海地震、東南海地震又は南海地震の発生する可能性は、50%~87%の確率であり、いつ大地震が発生してもおかしくない状況である。これらの3地震が同時に発生する可能性も指摘されているところであり、その場合には、地震規模がマグニチュード8.7以上にもなると予測されている。
 本県においては、県内全域が東南海・南海地震防災対策推進地域に指定され、県内10市町が東海地震に係る地震防災対策強化地域に指定されている。
 公立学校は、児童生徒の安全の確保のみならず、地震発生時には被災住民の避難場所や地域住民の情報又は物資の拠点など多様な役割を果たすものであり、公立学校のさらなる耐震化や防災機能の強化は、喫緊の課題である。
 これに加えて、不審者による学校への侵入や子どもへの付きまとい、登下校時の交通事故など、学校の内外における子どもの安全の確保も緊要である。
 よって、本県議会は、国において、防災対策の見直しを含めた総合的な学校安全対策の充実に取り組まれるよう強く要望する。

 以上のとおり、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

    平成23年10月18日

             三重県議会議長 山 本  教 和

(提 出 先)
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣
文部科学大臣
内閣府特命担当大臣(防災)

ページの先頭へ