このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

平成24年第2回定例会 陳5

受付番号・件名 陳5 三重県のパチンコホールの年越しオールナイト営業について
受付年月日 平成24年11月12日
提出された
定例会
平成24年第2回定例会
所管委員会 教育警察常任委員会
項目 要旨
    毎年1月1日のパチンコホールの24時間営業をやめていただくことを要望する。

理由
   伊勢神宮への参拝客にトイレを貸すという名目で、三重県のパチンコホールは毎年1月1日は24時間連続営業をしてもよいと、三重県の風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例で定められている。
  この条例のもと、毎年12月31日から1月1日になると、三重県のパチンコホールは年越しオールナイト営業を行う。
  この時期の三重県は、伊勢神宮への参拝客で鉄道や道路がとても混雑する。あまりに混雑がひどいので、隣県への神社へ参拝する県民もいる。
  この条例が施行された昭和39年7月16日当時、日本国内に24時間営業のコンビニエンスストアはまだなかった。
  だが、24時間営業のコンビニエンスストアが普及している昨今では、毎年1月1日のパチンコホールの24時間営業はもう必要ないと考える。
  加えて、譬えトイレを貸すという名目であっても18歳未満の者がパチンコホールの中に入ることは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律で禁止されている行為である。そもそも、パチンコホールの24時間営業は、青少年の健全な成長を阻害する恐れがある。
  伊勢神宮参拝時の鉄道及び道路の混雑の緩和のため、青少年の健全な育成のためにも、ぜひ毎年1月1日のパチンコホールの24時間営業をやめて頂くよう、全ての三重県議会議員が議会の場で議論されることを強く要望するものである。
ページの先頭へ