このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 代表者会議 > 平成25年11月8日代表者会議概要

平成25年11月8日 代表者会議概要

開催日時   平成25年11月8日(金)午前10時~10時30分

場     所   議事堂5階504議会運営委員会室

出席議員   山本勝議長、前田剛志副議長、三谷哲央議員、北川裕之議員、稲垣昭義議員、永田正巳議員、青木謙順議員、小野欽市議員、 奥野英介議員、中川康洋議員、中森博文議会運営委員長

傍聴議員   中西勇議員

事務局職員  林敏一局長、青木正晴次長、米川幸志総務課長、米田昌司議事課長、野口幸彦企画法務課長、川口徳郎政策法務監、長﨑敬之調整監、古川修太郎主査

概  要  事項書

 1 議員の永年在職者表彰について

  議長から、永田正巳議員が本年10月をもって三重県議会議員在職25年となったことについて、「三重県議会議員永年在職者表彰内規」に基づき、資料1のとおり議会の決議をもって表彰することを提案しました。協議の結果、議会運営委員会に諮ったうえ、11月22日の本会議で表彰を行うことに決定しました。また、10月22日に岡山県で開催された全国都道府県議会議長会第146回定例総会で、永田正巳議員のほか、30年以上在職者2人、10年以上在職者8人が表彰されたことから、11月22日にはこの伝達も併せて行うことを説明しました。

 2 「通年議会の充実のための議員アンケート」結果への対応について

  10月15日の代表者会議で報告した「通年議会の充実のための議員アンケート」結果のうち、議員からの改善提案について、正副議長でまとめた今後の対応方針(案)を、米田議事課長から資料2のとおり説明しました。協議の結果、ただちに検討できる提案事項については、関係の会議に申し送り、協議 することに決定しました。  なお、これらのうち、「登庁日数を増やしてでも、1日に会議を詰め込みすぎないようにする」については、各会派に持ち帰り検討し、次回代表者会議で協議することに決定しました。

 3 その他

 (1)三重県議会10大ニュースの選定について

   毎年12月に議長定例記者会見で発表している「三重県議会10大ニュース」について、「e-モニター制度」を活用した県民の皆さんからの投票とともに、11月から12月の傍聴者と、全議員にも投票に参加してもらうよう要請しました。

 (2)その他

  ・議員から、四日市港管理組合議会のマニフェスト大賞優秀成果賞の受賞辞退について、辞退に伴う同議会事務局職員の公務出張への疑問が呈されましたが、協議の結果、四日市港管理組合議会内で対応することで、三重県議会としては特に対応はしないこととしました。

 〇議長からの報告事項

 ・9月定例月会議で可決した10本の意見書について、10月30日に三ツ矢外務副大臣、田村厚生大臣ほか関係者にそれぞれ要請したことを説明しました。

 ・10月22日に岡山県で開催された全国都道府県議会議長会第146回定例総会の内容を説明しました。

 ・本会議及び委員会におけるパソコン、タブレット端末、スマートフォンの使用について、議会運営委員会で検討した結果、11月22日から来年3月19日までの間、試行することになったことについて、適切に運用するよう依頼しました。また、代表者会議のほか、全員協議会、議案聴取会、委員長会議については、本会議及び委員会での試行の検証結果が出るまでは、タブレット端末等の使用を控えることを議長から提案しました。協議の結果、タブレット端末等の代表者会議等での取り扱いについては、再度整理のうえ、次回代表者会議で案を示すこととしました。

 このあと、執行部説明会が行われました。

●次回代表者会議 後日調整 

 

ページの先頭へ