このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 代表者会議 > 平成30年4月11日代表者会議概要

平成30年4月11日 代表者会議概要

開催日時  平成30年4月11日(水) 午後1時00分~1時20分
場  所   議事堂5階504議会運営委員会室
出席議員  舟橋裕幸議長、水谷隆副議長、三谷哲央議員、津村衛議員、濱井初男議員、藤根正典議員、
        中嶋年規議員、津田健児議員、小林正人議員、大久保孝栄議員、藤田宜三議会運営委員長
傍聴議員  中嶋年規議員、津田健児議員、小林正人議員(以上3議員は、1(2)から協議に参加)、岡野恵美議員
事務局職員  湯浅真子事務局長、岩﨑浩也次長、山岡勝志総務課長、佐藤史紀議事課長、
          稲垣雅美企画法務課長、長﨑禎和政策法務監、西塔裕行調整監、矢田信太郎主査

概  要  事項書
 会議に先立ち議長から、新政みえの舘直人議員から藤根正典議員に、鷹山の東豊議員から大久保孝栄議員に代表者会議の構成員が変更された旨を報告するとともに、「自由民主党県議団」から会派結成届が、「新政みえ」「自民党」「能動」から会派異動届が提出されたことを報告しました。
 この結果、会派の状況は、新政みえ18人、自由民主党県議団13人、自民党4人、能動3人、鷹山3人、公明党2人、日本共産党2人、大志1人、草の根運動いが1人、青峰1人となりました。
 
1 会派の結成・異動に伴う協議事項
(1)代表者会議の構成について
 議長から、会派の結成・異動に伴う代表者会議の構成について、資料1の「会派別配分基準表」に基づき説明があり、協議の結果、新政みえ4人、自由民主党県議団3人、その他の会派1人となりました。
 その後暫時、休憩となり、自由民主党県議団より代表者選出届が議長に提出され、小林正人議員、津田健児議員、中嶋年規議員の3人が会派代表者席に着席し、協議が再開されました。
 
(2)議員控室の配置(案)について
 総務課長から、資料2により各会派の議員控室の配置について説明しました。
 能動が窓のない部屋となることについて検討してはどうかとの意見、並びに自民党よりも鷹山の部屋が広いことについて調整できているかとの意見がありましたが、協議の結果、資料2のとおりとなりました。
 議長から、現在の議員控室の間仕切り工事と什器等の引越作業が必要となり、平日に工事、引越作業をせざるを得ない状況が予想されるため、各議員の理解・協力の依頼がありました。
 
(3)議席等(案)について
 議事課長から、資料3-1及び資料3-2により本会議及び全員協議会室における議席等(案)について説明しました。協議の結果、資料3-1及び資料3-2のとおりとなりました。
 
(4)委員会等の構成について
 委員会等の構成について、協議の結果、議会運営委員会、常任委員会、特別委員会及び各種会議の委員等について、当面現状の委員等のままとすることとなりました。
 
2 その他
 少数会派が2会派増えた中で、所属議員が2人から4人の少数会派を代表者会議の構成員とすることの考え方について、一度検討してはどうかとの提案がありました。
 協議の結果、現在の議長の下では現行の構成のままとなりました。
 
 
●次回代表者会議 平成30年5月11日(金)午前10時

ページの先頭へ