このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 代表者会議 > 平成30年10月16日代表者会議概要

平成30年10月16日 代表者会議概要

開催日時   平成30年10月16日(火)午前10時00分~10時59分
場  所    議事堂5階504議会運営委員会室
出席議員   前田剛志議長、前野和美副議長、三谷哲央議員、藤田宜三議員、津村衛議員、藤根正典議員、
         水谷隆議員、中嶋年規議員、中森博文議員(代理)、村林聡議員、今井智広議員、
         杉本熊野議会運営委員長
傍聴議員   岡野恵美議員、大久保孝栄議員
傍 聴 者    1名
事務局職員  湯浅真子事務局長、岩﨑浩也次長、山岡勝志総務課長、佐藤史紀議事課長、
         稲垣雅美企画法務課長、長﨑禎和政策法務監、西塔裕行調整監、矢田信太郎主査
 
概  要   事項書

1 学校教育の場における議員の講演等について
 先の代表者会議で一定のルール作りをしてはどうかとの意見を受けて、議長から①講演等の場では、議員個人で作った資料等を配付する場合には、その必要性について、学校側と十分に調整を行い政治的中立性に留意する、②学校側との事前の打ち合わせ等において、政治的中立性を損なう発言等は厳に慎むことを確認する、③教育委員会に対し、このような講演等の講師選定に当たっては、政治的中立性に十分配慮するよう依頼する、④教育委員会に対し、7月9日の四日市南高等学校での講演会以降の対応について報告を求める、の4点について、提案しました。
 協議の結果、各会派に持ち帰り、改めて協議することとなりました。
 
2 議員定数及び選挙区に係る第三者機関について
 先の代表者会議において、各会派に持ち帰り検討することとした「議員定数及び選挙区に係る第三者機関」について、各会派から検討結果の報告がありました。
 意見が分かれ合意が難しいため、議長から、第三者機関を設置するかどうかについて議会改革推進会議の場で検討することについて提案があり、再度各会派に持ち帰り、検討することとなりました。
 
3 「大規模な災害等緊急事態への県議会の対応に関する検討会」の調査に係る議員派遣について
 「大規模な災害等緊急事態への県議会の対応に関する検討会」の調査に係る議員派遣の概要等について、検討会の座長である中嶋議員から、資料1により説明しました。
 協議の結果、当該検討会に係る調査を議員派遣とすることを決定しました。
 
4 その他
(1)「みえ現場de県議会」について
 広聴広報会議の座長である前野副議長から、11月19日に亀山市文化会館で「ダイバーシティ社会の推進」をテーマとする「みえ現場de県議会」の開催について資料2により報告がありました。前野副議長からは、各行政部門別常任委員会の委員長のほか、各議員に対して傍聴の依頼がありました。
 
(2)その他
 議長から、北海道胆振東部地震に係る義援金について、10月18日の全国議長会の委員会開催時に北海道議会議長にお渡しする予定である旨、報告がありました。
 2点目として、自由民主党県議団から、先の代表者会議で提案のありましたボッチャの普及のための機会を設けることについて、資料の配付とともに提案がありました。協議の結果、正副議長で実施について協議するとともに、開催場所として提案された議事堂1階ロビーの使用許可の扱いについて事務局で確認することとなりました。
 3点目として、公明党から、「議会経費削減に関するプロジェクト会議」の進捗状況や、今後のスケジュールと検討内容について報告を求める旨の発言があり、次回の代表者会議で報告することとなりました。
 4点目として、公明党から、桑名西高等学校での「みえ県議会出前講座」について、広聴広報会議を受けて代表者会議で報告をもらう時期の確認と、議会全体の問題として当日の映像を確認したい旨の発言がありました。
 議長から、広聴広報会議での整理の後、議長へ報告を受けたうえで検討することとなりました。
 
 
  このあと執行部説明会が行われました。
 
 
 
●次回代表者会議 11月8日(木)午前10時から
 

ページの先頭へ