このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 代表者会議 > 令和元年12月19日代表者会議概要

令和元年12月19日 代表者会議概要

開催日時   令和元年12月19日(木)午前10時~10時45分
場  所    議事堂5階504議会運営委員会室
出席議員   中嶋年規議長、北川裕之副議長、三谷哲央議員、稲垣昭義議員、津村衛議員、中森博文議員、
         小林正人議員、長田隆尚議員、村林聡議員、服部富男議会運営委員長
傍聴議員   青木謙順議員、藤根正典議員
傍 聴 者    2人
事務局職員  湯浅真子事務局長、畑中一宝次長、稲垣雅美総務課長、西塔裕行議事課長、
         枡屋武企画法務課長、袖岡静馬政策法務監、松本忠調整監、矢田信太郎主査
 
概  要   事項書

1 「県産材の利用促進に関する条例」について
 11月8日の代表者会議で、各会派において議提条例とするかどうか検討することとした「県産材の利用促進に関する条例」について、各会派から検討結果の報告がありました。
 各会派からの検討結果報告を踏まえて協議した結果、同条例は議提条例として制定することとなりました。また、検討組織については議会基本条例第14条の規定に基づく検討会とし、検討会の名称は「三重県産材利用促進条例(仮称)検討会」、定数は11名以内、会派配分は新政みえ4名、自由民主党県議団3名、草莽1名、自民党1名、公明党1名、日本共産党1名、設置期間は「当該調査及び検討が終了するまで」とすることとしました。
 このことに伴い、議長から、各会派に速やかに検討会委員候補者を報告するよう依頼するとともに、本会議に提出する検討会設置のための議案について、次回の代表者会議で正副議長案をお示しすることとしました。
 
2 大規模地震対応訓練の実施について
 調整監から、改訂した大規模地震対応マニュアルに基づく大規模地震対応訓練の実施について、資料2により説明がありました。
 協議の結果、資料2のとおり実施することとなりました。
 出席議員からは、防災用ヘルメットを議場だけでなく委員会室等にも配置することや、けが等で避難に支障がある議員について訓練の際に配慮するよう、要望がありました。
 
3 「議会のICT化等に係る議員有志勉強会」について
 11月8日の代表者会議において提案のあった、超党派の「議会のICT化等に係る議員有志勉強会」について、議長から、各会派より参加を希望する議員の名簿を正副議長に提出していただき、そのメンバーで勉強会を進めていってはどうかとの提案がありました。
 協議の結果、提案のとおりとし、参加を希望される議員の名簿を速やかに事務局に提出していただくとともに、第1回目の会議を令和2年1月15日(水)をめどに調整することとしました。
 
4 その他
(1)みえ高校生県議会について
 広聴広報会議の座長である北川副議長から、令和2年度に開催予定の「みえ高校生県議会」について、資料3により報告がありました。
 
(2)その他
 自民党の村林議員から、「選挙区及び定数に関する在り方調査会」の県内視察において、離島の状況も視察してほしい旨の要望がありました。
 
 
 
●次回代表者会議 1月15日(水)午前9時30分から

ページの先頭へ