このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 代表者会議 > 令和2年2月3日代表者会議概要

令和2年2月3日 代表者会議概要

開催日時  令和2年2月3日(月)午前10時~10時31分
場   所  議事堂5階504議会運営委員会室
出席議員  中嶋年規議長、北川裕之副議長、三谷哲央議員、稲垣昭義議員、津村衛議員、小林正人議員、
        中森博文議員、長田隆尚議員、村林聡議員、服部富男議会運営委員長
傍聴議員  藤田宜三議員、濱井初男議員、小島智子議員、中瀬古初美議員、川口円議員、石田成生議員、
        山本佐知子議員、石垣智矢議員、舘直人議員、倉本崇弘議員、山本里香議員
傍 聴 者  1人
事務局職員 湯浅真子事務局長、畑中一宝次長、稲垣雅美総務課長、西塔裕行議事課長、枡屋武企画法務課長、
        袖岡静馬政策法務監、松本忠調整監、矢田信太郎主査
 
概  要   事項書
 
1 三重県議会会議規則における欠席理由の例示について
 議事課長から資料1に基づき、会議規則で会議を欠席できる理由として、育児や介護、配偶者の出産等を例示している他都県議会の状況等を説明しました。
 この説明を受けて、議長から、「副議長とも相談した結果、本県議会の会議規則でも育児や介護、配偶者の出産等を欠席理由として例示した方がよいと考えるが、そのようにするかどうか各会派に持ち帰って検討してほしい」との依頼を行いました。
 協議の結果、次回の代表者会議において各会派の検討結果を報告することとなりました。
 
2 監査基準の策定に係る通知の取扱いについて
 議事課長から資料2に基づき、監査基準の策定等を定めた地方自治法の改正について説明しました。
 この説明を受けて、議長から、「監査基準が策定された場合は、議会への通知が行われることとなっているが、その通知を直近の代表者会議で報告し、情報共有することとしたい」との提案を行いました。
 協議の結果、提案のとおりとし、併せて、監査基準の変更に係る通知についても同様の取扱いとすることとしました。
 
3 その他
(1)執行部による議員提出条例の改正案の提出について
 議長から、平成20年に議員提出条例として制定した「三重県食の安全・安心の確保に関する条例」の改正を執行部において行いたい旨の申し入れについて、今般の改正内容は法令改正に伴う形式的な改正であるため、資料3の申し合わせに従い、了承したことを報告しました。
 この報告を受けて、出席議員から、議員提出条例の改正については、今後は、代表者会議で協議することを原則としてはどうかとの提案があり、正副議長で申し合わせの見直しを検討することとなりました。
 
(2)新型コロナウイルス感染症への対応について
 執行部から、追加で配付した資料に基づき、新型コロナウイルス感染症への対応について説明がありました。
 この説明を受けて、出席議員から、発症した患者用のベッド数や県民に対する感染症の情報提供、広報啓発等について質問がありました。
 また、議長から、執行部に対して適切な対応と県民に安心感を与える情報提供を要望するとともに、議会としても今後の経過を注視し、大規模な流行となった際等には速やかな対応をとっていきたいとの発言がありました。
 
(3)その他
 議長から、三重県議会日本共産党によるSNSへの書き込みについて、正副議長で会派代表の山本里香議員に聴き取りを行った結果、「①個人の投稿に対してあのような書き込みを行ったことは不適切であったと先方に謝罪した。②当該個人とは直接関係のない国会議員や自民党県連に対する書き込みについても先方に謝罪した。③これで終わりとすることで双方の意見が一致した。」とのことであったと報告がありました。
 この報告を受けて、山本議員からは、不快な思いをされた方等へのお詫びがありました。
 また、出席議員から、議事堂内での政党活動は慎むべきであることを改めて全議員に周知徹底する必要があるのではないかとの意見があり、議長からは、適切な議事堂での活動について議長としても管理していきたいとの発言がありました。
 
このあと執行部説明会が行われました。
 
 
●次回代表者会議 3月3日(火)議案聴取会終了後

ページの先頭へ