このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 代表者会議 > 令和2年3月31日代表者会議概要

令和2年3月31日 代表者会議概要

開催日時  令和2年3月31日(火)午後2時30分~2時52分
場  所   議事堂5階504議会運営委員会室
出席議員  中嶋年規議長、北川裕之副議長、三谷哲央議員、稲垣昭義議員、津村衛議員、小林正人議員、
        中森博文議員、長田隆尚議員、村林聡議員、服部富男議会運営委員長
傍聴議員  稲森稔尚議員
傍 聴 者   なし
事務局職員 湯浅真子事務局長、畑中一宝次長、稲垣雅美総務課長、西塔裕行議事課長、枡屋武企画法務課長、
        袖岡静馬政策法務監、松本忠調整監、矢田信太郎主査
 
概  要   事項書
 
1 新型コロナウイルス感染症への諸対応について
 3月27日の代表者会議で改めて協議することとしていた新型コロナウイルス感染症への諸対応について、総務課長から、正副議長で取りまとめた今後の対応案を資料1-1により説明しました。
 協議の結果、今後の対応について資料1-1のとおりとすることとなりました。
 議長からは、この新型コロナウイルス感染症への諸対応を踏まえて、議員に対し以下の3点を依頼しました。
 ・政府の新たな支援策が取りまとめられる4月上旬の間、執行部が適切かつ迅速に対応できるよう、一定配慮すること。
 ・通年議会による機動的な議会運営を行うためにも、参集する必要が生じた場合には速やかに対応できるようにしていただくこと。
 ・これ以上の感染の拡大を防止するためにも、海外や国内の感染状況が拡大傾向にある地域への不要不急の視察や訪問等については当面自粛していただくこと。
 
2 その他
 村林議員から、参集すること自体が新型コロナウイルス感染症に感染するリスクもあることから、電話や書面、遠隔の会議システムなど、参集しなくても意思表示のできる仕組みが必要ではないか、との意見がありました。
 また、中森議員から、密集、密接、密閉を避けるため、議会でも工夫すれば対応できることの検討が必要ではないか、との意見がありました。
 さらに、三谷議員から、これまでの意見については会議規則との関係も含め検討すべき、との意見がありました。
協議の結果、現行の会議規則等と照らし合わせて正副議長において検討することとなりました。
 
 
 
●次回代表者会議 5月8日(金)午前10時から

ページの先頭へ