このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 代表者会議 > 令和2年5月8日代表者会議概要

令和2年5月8日 代表者会議概要

開催日時  令和2年5月8日(金)午前10時45分~11時45分
場  所   議事堂5階504議会運営委員会室
出席議員  中嶋年規議長、北川裕之副議長、三谷哲央議員、稲垣昭義議員、津村衛議員、小林正人議員、
        中森博文議員、長田隆尚議員、村林聡議員、服部富男議会運営委員長
傍聴議員  今井智広議員、山本里香議員、稲森稔尚議員
傍 聴 者   1名
事務局職員 湯浅真子事務局長、畑中一宝次長、中西秀行総務課長、西塔裕行議事課長、枡屋武企画法務課長、
        袖岡静馬政策法務監、松本忠調整監、矢田信太郎主査
 
概  要   事項書
 
1 新型コロナウイルス感染症に係る対応について
 前回の代表者会議で、各会派に持ち帰り検討することとなっていた新型コロナウイルス感染症への議会経費等の削減について、各会派から検討結果の報告がありました。
 協議の結果、何らかの削減を行うことについては合意しましたが、対象とする経費、削減期間、削減率、削減分の使途については引き続き各会派で検討し、来週の代表者会議で協議することとなりました。
 
2 今年度の役員選出について
 議事課長から、役員に関する規定や考え方について、資料1により説明しました。
 協議の結果、今年度の役員選出については、その都度すべての会派の意向を踏まえて協議を進めていくこととし、5月12日からの代表者会議において公開で協議することとしました。
 
(1)今年度の役員選出の流れ等について
  今年度の役員選出の流れ等について、議事課長から資料2により説明しました。
 
(2)特別委員会について
 今年度設置する特別委員会の名称及び所管事項について、提出された案を資料3により、各会派から説明しました。
 協議の結果、各会派に持ち帰り検討し、5月12日からの代表者会議において再度協議することとしました。
 
3 議会活動計画の実施状況について
 議会活動計画の令和元年度の実施状況について、企画法務課長から資料4-1資料4-2により説明しました。
 協議の結果、令和元年度の議会活動計画実施状況は資料4-1資料4-2のとおりとして、今後の議会活動の参考とするとともに、次期の各常任委員会及び広聴広報会議に申し送りすることとしました。
 
4 令和2年度インターンシップ実習について
 議長から、3月18日の代表者会議において募集を早めて実施することとしていたインターンシップ実習について、3密を完全に避けることは困難であることから、本年度の三重県議会インターンシップ実習については資料5のとおり中止したいとの提案がありました。
 協議の結果、議長の提案のとおり、本年度のインターンシップ実習を中止することとしました。
 
5 その他
 小林議員から、緊急性が少なく執行が困難と思われる事業を精査して、6月定例月会議において、減額補正等の対応を行ったらどうかとの発言がありました。
 協議の結果、9月定例月会議での一般質問等の場において、当初予算として予定されている事業について必要かどうかを質していくこととしました。
 また、長田議員から、役員選出に当たり、4人以下の会派の意見についての方向性について質問がありました。
 議長から、正副議長で少数会派の意見をその都度確認し、それをもとに議論していく旨、回答しました。
 
 
このあと執行部説明会が行われました。
 
 
 
●次回代表者会議 5月12日(火)午前10時から

ページの先頭へ