このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

スマートフォンサイトへ移動

三重県議会 > 県議会の活動 > 代表者会議 > 令和2年7月13日代表者会議概要

令和2年7月13日 代表者会議概要

開催日時  令和2年7月13日(月)午後2時45分~3時23分
場   所  議事堂5階504議会運営委員会室
出席議員  日沖正信議長、服部富男副議長、三谷哲央議員、稲垣昭義議員、津村衛議員、津田健児議員、
        小林正人議員、長田隆尚議員、村林聡議員、森野真治議会運営委員長
傍聴議員  なし
傍 聴 者   2人
事務局職員 湯浅真子事務局長、畑中一宝次長、中西秀行総務課長、西塔裕行議事課長、枡屋武企画法務課長、
        袖岡静馬政策法務監、松本忠調整監、矢田信太郎主査
 
概  要   事項書
 
1 感染症対応マニュアルの策定について
 
前回の代表者会議で各会派に持ち帰り検討することとしていた、感染症マニュアルの策定について、各会派から検討結果の報告がありました。
 協議の結果、新型コロナウイルス感染症に特化したマニュアルを策定すること、議会機能を維持するための方法、及び検討する場等について再度各会派に持ち帰り、検討することとなりました。
 
2 豪雨災害に係る義援金について
 令和2年7月豪雨による災害に関する義援金について、総務課長から過去の災害義援金の拠出状況等を資料1により説明しました。
 議長から、義援金について、議員からの拠出によることを提案し、協議の結果、議員からの拠出金により、熊本県へ義援金20万円をお渡しすることを決定しました。
 
3 その他
(1)正副議長による市町議会への訪問について
 議長から、県内市町議会との連携交流を進めるため、副議長とともに、7~8月頃にかけて、市町それぞれの議長会の会長、副会長の所属する議会の正副議長を訪問し、コロナ禍における議会運営や今後の県と市町議会との連携等について、意見交換を行い、その結果、代表者会議に紹介すべき内容があれば報告する旨の発言がありました。
 
(2)その他
 議長から、東京都を中心に、全国的に新型コロナウイルス感染症の感染拡大の傾向がみられるため、議員各位においては、「三重県議会新型コロナウイルス感染症対応方針ver.4」の「議員の行動指針」を確認するとともに、政務やプライベートも含めて県外への訪問については十分に検討し、とりわけ、感染拡大の傾向がみられる地域への訪問はより慎重に対応するよう依頼がありました。
 
 
●次回代表者会議 改めて連絡
 
 

ページの先頭へ