現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. キッズサイト >
  4.  予算(よさん)って、なに?
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 広聴広報課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

予算(よさん)って、なに?

 県は、いろいろな仕事をしていますが、これにはたくさんのお金がかかります。
そのため、税金(ぜいきん)や国からの補助金(ほじょきん)など一年間に県に入ってくる予定のお金<歳入(さいにゅう)>をもとにして、そのお金の使い道<歳出(さいしゅつ)>を決めています。こうして決められた歳入・歳出の計画上の金額(きんがく)を予算(よさん)といいます。

ちなみに、平成29年度の予算(よさん)は、7,011億(おく)円となっています。
この7,011億円を1円玉(いちえんだま)でつみ上げると、高さは70万キロメートルくらい、月までの往復距離(おうふくきょり)くらいの高さになります。
また、東京(とうきょう)スカイツリーを建(た)てるのに約650億円かかったそうですので、東京スカイツリーが10個建てられるお金になります。
それでは、この予算の使いみちを下のグラフで見てみましょう!
予算
 
 
さいにゅう 円グラフ
※説明  ※1 地方交付税
地域ごとに受けられるサービスに差が出ないよう、バランスをととのえるためのお金。国が地方のかわりに集めて、地方に配ります。

さいしゅつ 円グラフ
※説明  ※2 公債費
県が過去に借りたお金の支払いに必要な経費(けいひ)。
※3 民生費
介護(かいご)や保育など福祉に必要な経費。
※4 衛生費
感染症(かんせんしょう)の予防(よぼう)や、安全で安心な医療(いりょう)の提供(ていきょう)などに必要な経費。

 このほかに、下水道(げすいどう)など、特別の仕事だけに使う予算として2,031億円、県が経営(けいえい)する病院や水道などに使う予算として384億円があります。
県民1人あたりに使われるお金は、38万8,002円(※5)です。
※5 この金額は、平成29年度の予算7,011億(7,011億992万円)を、平成28年12月1日現在の三重県統計課(とうけいか)の推計(すいけい)人口180万6,975人で割ったものです。
もくじ ミディア ホーム

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 広聴広報課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2031 
ファクス番号:059-224-2032 
メールアドレス:koho@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000181343