現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 企業誘致 >
  4. Foreign Direct Investment(外資系企業誘致) >
  5.  Accessibility
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 企業誘致推進課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

Accessibility

 
From Tsu to Osaka              From Tsu to Nagoya
By car: 70km (1 hrs.)          By car: 130km (2 hrs.)
By train: 65km (50 min.)     By train: 125km (1.5km)

Location is key to the success of any business. Due to the excellent road network, Mie has easy access to metropolitans such as Nagoya, Tokyo and Osaka. Two international airports and Yokkaichi port connect Mie to the world. Mie is the perfect place for firms to seek business opportunities.
 
  • Port of Yokkaichi



Located in Yokkaichi, a city with a population of more than 300 thousand in northern Mie, Port of Yokkaichi has long acted as a hub for shipping and trade in central Japan. Today, roughly 20,000 vessels make use of the port each year to ship more than 50 million gross tons of cargo, more than two thirds of it bound for international destinations. Dominant exports from Port of Yokkaichi include products such as finished cars, chemicals, and synthetic resin, while imports are dominated by crude oil and liquefied natural gas.
 

  • Central Japan International Airport (Centrair)



One of five hub airports in Japan, Centrair in Aichi prefecture, first opened in early 2005, is the main gateway linking central Japan to the world. The third most important international airport in Japan, Centrair served roughly ten million travelers and move more than 160,000 tons of cargo in 2015. Its location on an artificial island in Ise Bay, 40 km south of Nagoya, puts Centrair close to Mie.
 

  • Kansai International Airport



Opened in 1994, Kansai international Airport is located on an artificial island in Osaka Bay. The airport is a gateway for Kansai area, the western part of Japan. In 2014, the number of passengers were 6.5 million for domestic flights and 13.5 million for international flights.
 

アクセス


 ロケーションはどのようなビジネスにおいても重要な要素です。整備された道路網が三重県から名古屋、東京、大阪といった大都市圏へのアクセスを容易にし、2つの国際空港と四日市港が三重と世界をつなぎます。三重県はビジネスチャンスを求める企業にとって理想的な場所と言えます。
 
  • 四日市港


 三重県北部の四日市(人口31万人)に位置する四日市港は、日本における主要な輸送取引拠点として機能しています。およそ2万の船舶が5,000万トン以上の貨物を海外の多くの目的地に毎年輸送しています。四日市港からの主要輸出品は、自動車、化学製品や合成樹脂製品で、一方主要な輸入品は原油や液体天然ガスです。
 
  • 中部国際空港(セントレア)

 日本の拠点空港の1つである中部国際空港は、日本の中心と世界をつなぐ玄関口として、2005年にオープンしました。日本で3番目に大きな国際空港で、2015年は1,000万人の旅行客が利用し、16万トンもの貨物の取扱いがありました。伊勢湾の人口島に位置しており、三重県から高速船で約45分です。
 
  • 関西国際空港

 関西国際空港は1994年に大阪湾の人口島に作られ、関西エリアの玄関口として機能しています。2014年には国内線の乗客数が652万人、国際線の乗客数が1,352万人でした。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 企業誘致推進課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2819 
ファクス番号:059-224-2221 
メールアドレス:kigyoyu@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000184127