現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 企業誘致 >
  4. Foreign Direct Investment(外資系企業誘致) >
  5.  Voices of Global Companies in Mie
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 企業誘致推進課  >
  4.  企業誘致班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

Voices of Global Companies in Mie
三重県で活躍しているグローバル企業の声をご紹介します。

Cabot Microelectronics Corporation

Cabot Microelectronics Corporation (CMC) is a US company headquartered in Aurora, Illinois.  It is the world leader of CMP (Chemical Mechanical Planarization) slurry used in the polishing step in the semiconductor manufacturing process.  CMC also holds the number two position in the supply of polishing pads used in the CMP process. We have research facilities at each of the manufacturing locations in the US, Japan, Taiwan, and Singapore. We believe there are no major semiconductor manufacturers that we do not serve.
 
The reason why we chose Mie is that many of our customers that are Japanese major semiconductor manufacturing companies are located nearby. Second, location is superb in terms of logistics because we need to ship large quantities of products, primarily by sea, and good access to ports and major highways are important. In addition, as an advantage over big cities, the level of employee loyalty is greater here,which leads to better retention. Once workers are satisfied with us, they tend to stay with the company for a long time. Finally, the strong support from the Mie prefectural government. The subsidies are, of course, important, but we received substantial support in the early start-up stage when we needed help.  Because of the “one-stop services” offer from beginning to end we chose Mie Prefecture.
 
Establishment 2002
Business Electronics and parts
Headquarter 1287-19 Kitakoyama Geino-cho, Tsu, Mie, Japan
514-2213
URL https://www.cabotcmp.com/
 

日本キャボット・マイクロエレクトロニクス株式会社 

日本キャボット・マイクロエレクトロニクス株式会社はイリノイ州のオーロラに本社を置く米国企業で、半導体製造過程の研磨ステップで使用される化学機械的研磨剤(CMP:Chemical Mechanical Planarization)の世界的なリーダーです。また、CMP過程で使用される研磨パッドの供給でも第2位のポジションにあります。研究所も米国、日本、台湾、及びシンガポールの製造拠点に併設しております。私たちの製品は主要な半導体製造企業では数多く使用されております。
 
三重県への立地を選んだ理由は、まず1番目に私たちの顧客である日本の主要な半導体製造会社の多くが近隣に位置しているからです。2番目に、大量の製品を(多くは海上輸送)輸送するための港や高速道路が整備され、物流の面からのロケーションが素晴らしいことです。さらに、大都会に比べての利点として、従業員のロイヤリティーが高く、従業員の満足は長期雇用につながります。最後に、三重県庁からの強力なサポートです。もちろん補助金は重要な要素ですが、サポートが必要な初期段階から多大なサポートを頂きました。最初から最後までサポートして頂ける「ワンストップサービス」も私たちが三重県を選んだ理由です。
 
設立 2002年
事業概要 各種基盤向け研磨剤の研究・開発
本社 〒514-2213 三重県津市芸濃大字北神山1287-19
URL https://www.cabotcmp.com/

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 企業誘致推進課 企業誘致班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2819 
ファクス番号:059-224-2221 
メールアドレス:kigyoyu@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000200303