現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 農業改良普及センター >
  5. 紀州地域農業改良普及センター >
  6. 普及情報等 >
  7.  熊野農林事務所:2014年11月普及現地情報
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産事務所等  >
  3. 熊野農林事務所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

26年11月普及現地情報

  1. 尾呂志「夢」アグリと熊野精工株式会社による地域活性化第4弾
  2. タイ王国へ三重南紀みかんを輸出

   尾呂志「夢」アグリと熊野精工株式会社による地域活性化第4弾

 11月29日に御浜町尾呂志地区の担い手グループ「尾呂志『夢』アグリ」と熊野市有馬町にて精密機械を製作する「熊野精工株式会社」による地域の活性化への取り組み、「尾呂志酒米プロジェクト2014第4弾」が開催されました。
今回は、尾呂志地区在住のしめ縄づくり名人を講師に熊野精工の社員と「尾呂志『夢』アグリ」会員らによって、9月13日に収穫した酒米「神の穂」のワラを使い、しめ縄づくりが行われました。
 当日は約20名の熊野精工の社員と「尾呂志『夢』アグリ」会員が参加し、講師の説明を熱心に聞きながら思い思いのしめ縄を作りました。
参加者からは「縄をなうのが難しかったが、上出来」や「家の玄関に飾りたい」などの感想が聞かれました。
 次回は、来年3月に用水路の掃除及びお花会が開催される予定で、その際に本プロジェクトによって造られた地酒のお披露目・試飲会も開催されます。この地酒は、尾呂志酒米プロジェクトにて収穫された酒米「神の穂」を伊賀市の蔵元が醸造し、その一部を尾呂志のブランド酒として販売し、地域おこしの目玉として活用する予定です。普及センターとしても「熊野精工」と「尾呂志『夢』アグリ」の、尾呂志のブランド酒づくりの支援に取り組んでいきます。

#  #  #
講師による説明       ワラを叩いて結いやすく       集合写真     

 

   タイ王国へ三重南紀みかんを輸出

 タイ王国へのみかん輸出は今年で5年目を迎えます。
 本年度は11月、12月、2月の3回に分けて、早生温州20t、「不知火」、「せとか」計2tの合計22t(前年比8t増)を輸出する計画です。
JA三重南紀は11月11日、本年度第1回目となる早生温州10tをタイ王国へ輸出しました。
 この日は、JA三重南紀統一選果場でタイ王国の検査官1名と農水省名古屋植物防疫所の植物検疫官2名が合同輸出検査を実施しました。果実の外観(病害虫等)や箱詰めの状況などを入念に検査されました。
 同日中にトラック便で名古屋港へ輸送され、18日に名古屋港を出港、29日に無事タイ王国へ到着しました。本年産みかんは台風の影響による傷が多く、輸送中の果実腐敗の発生がたいへん心配されました。しかし、タイ王国到着時の検査では腐敗果は少なく、大きな問題はありませんでした。
 到着翌日から、バンコクの百貨店約50店舗において販売されており、例年通りたいへん好評とのことです。

# #
みかんを入念に検査するタイの検査官   トラックに積み込まれる輸出みかん   

本ページに関する問い合わせ先

三重県 熊野農林事務所 〒519-4393 
熊野市井戸町371(熊野庁舎4階)
電話番号:0597-89-6121 
ファクス番号:0597-89-6138 
メールアドレス:knorin@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000117239