現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 交通 >
  4. 空港・リニア >
  5. リニア >
  6.  リニア中央新幹線
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 交通政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

リニア中央新幹線(一日も早い全線開業の実現に向けて)

   リニア中央新幹線は、東京・名古屋・大阪間の時間距離を大幅に短縮し、東京圏、中部圏、関西圏の各圏域間の交流・連携を一層強化し、わが国の新たな国土の大動脈として、経済社会を支え、東京・大阪間の東海道新幹線との二重系化による災害に強い国土の形成、ゆとりある生活の実現に大きく貢献するとともに、日本の発展を促進する極めて重要な社会基盤です。
 
 国家的プロジェクトであるリニア中央新幹線は、平成23年5月に全国新幹線鉄道整備法に基づく整備計画が決定され、東海旅客鉄道株式会社に対して建設の指示が出されました。
 東京・名古屋間においては環境影響評価の手続きを経て、平成26年10月に工事実施計画が認可され、2027年の開業を目指して現在、建設工事が進められているところですが、リニア中央新幹線の整備は、東京・大阪間を直結することで初めてその機能を十分に発揮し、効果を得ることができる事業です。
 
 こうした中、政府においても、平成28年度から平成29年度にかけて3兆円の財政投融資を活用し全線開業予定の2045年から最大8年間の前倒しが図られ、さらに、平成29 年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2017(骨太の方針)」において、「建設主体が全線の駅・ルートの公表に向けた準備を進められるよう、必要な連携、協力を行う。」と位置づけられたところです。
 
 三重県の発展に重要な役割を担うリニア中央新幹線は、東京・大阪間の全線が整備されて初めて、その効果が遺憾なく発揮されるものであり、県では全市町及び経済団体等で構成する「リニア中央新幹線建設促進三重県期成同盟会」の活動を中心に、沿線府県市、関係機関等とも連携・協力し、三重・奈良・大阪ルートを前提とした、ルート及び駅位置の早期確定、一日も早い全線開業の実現に向け、国やJR東海等に対し強力に働きかけていきます。

リニア中央新幹線建設促進三重県期成同盟会(県及び県内市町等で構成)
  

リニア中央新幹線建設促進期成同盟会(東京・大阪間の沿線都府県で構成)

奈良県との連携取組(平成24年度~平成29年度)
  (奈良県及び両県の経済団体との連携)


奈良県・大阪府との連携取組(平成29年度~)
  (「三重・奈良・大阪リニア中央新幹線建設促進会議」による取組)

リニア広報動画 本編動画はこちら【「超」特急発信!リニア中央新幹線・みえ           「超」特急発信!リニア中央新幹線                          
 



<関連サイト>
「リニア中央新幹線サイト」JR東海
 

リニアインパクト
 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 交通政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2805 
ファクス番号:059-224-2418 
メールアドレス:kotsu@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012352