現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 交通 >
  4. モビリティ・マネジメント(交通のかしこい使い分け) >
  5. 取組内容 >
  6.  三重県の公共交通ネットワーク見える化プロジェクト
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 交通政策課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

「三重県内の公共交通ネットワーク見える化」プロジェクト

 三重県及び三重県生活交通確保対策協議会では、県内の公共交通の利便性向上を目的として、インターネットを通じたバス路線等の乗り継ぎ情報の掲載率向上及びサービス普及に取り組んでいます。
 

実施方法
 三重県内で公共交通事業(鉄道、バス、航路)等を実施する事業者や、コミュニティバスを運行する市町担当部局を対象として、乗り継ぎ情報等のインターネットサービスを提供するコンテンツプロバイダに、時刻表等のデータを提供するよう働きかけ及び支援を行っています。
 

目標
 公共交通事業者は3社以上のコンテンツプロバイダに、市町コミュニティバスは2社以上のコンテンツプロバイダに時刻情報の提供を目指しています。

 令和元年8月時点の達成率(達成事業者数/対象事業者数)     :78% 
 

●マニュアル及び時刻情報等共通入力フォーマットについて 
 三重県生活交通確保対策協議会では、市町で運行されているコミュニティバスへのサービス普及をはかるため、公共交通利用促進ネットワークと協働し、時刻情報等を入力するための共通入力フォーマットを作成しています。
 「共通入力フォーマット」についての詳細は、下記リンクまたは三重県地域連携部交通政策課までお問い合わせください。

https://www.rosenzu.com/net/mieru/fm/(公共交通利用促進ネットワーク)
 

「GTFS-JP」データ整備とオープンデータ化について 
 平成31年度から、公共交通利用促進ネットワーク協力のもと、より多くの路線検索サービスに対応するため「標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)」(※)と呼ばれる新たな形式のデータ作成に取り組んでいます。
 また、作成したデータは、下記リンクにて順次オープンデータとして公開予定です。

https://www.rosenzu.com/~gtfs/(公共交通利用促進ネットワーク)
 
 全国のGTFS-JPデータ一覧はこちら
https://tshimada291.sakura.ne.jp/transport/gtfs-list.html(GTFS-JP)
 
※「標準的なバス情報フォーマット」・・・バス事業者と経路検索等の情報利用者との情報の受渡しのための共通フォーマッ
 トです。国土交通省により2016年から標準化が進められています。(詳細はこちら

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 交通政策課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2805 
ファクス番号:059-224-2418 
メールアドレス:kotsu@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000178690