現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 発掘情報 >
  6. 現地説明会 >
  7.  朝見遺跡で現地説明会を開催しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター  >
  4.  活用支援課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

朝見遺跡で現地説明会を開催しました

 平成28年9月3日(土)朝見遺跡第7次調査の現場で発掘調査現地説明会を行いました。
 当日は、天候が危ぶまれる中ではありましたが、県外からの参加を含めて90名を超える多くの方々に参加していただきました。
 朝見遺跡でのこれまでの調査では、縄文時代から江戸時代にかけての遺構や遺物が多く発見されています。今回も多くの遺構・遺物を紹介する中で、弥生時代末~古墳時代初めの方形周溝墓の周溝や、複数の時代にまたがる遺物を展示・説明して、長い期間にわたってこの地で暮らしてきた人々の生活の様子を見ていただくことができました。
 参加者からは、「もっと詳しく聞いてみたい」「全ての調査が終わったところでまとめてみてみたい」といった声が聞かれ、遺跡への関心の高さがうかがえました。
   たくさんのご参加ありがとうございました。今後もお問い合わせ等ありましたら気軽にご連絡ください。
 
遺物の説明(鎌倉時代の山茶椀) 遺構の説明(方形周溝墓)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 活用支援課 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-7034 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000187461