現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 森林・林業 >
  4. みんなで支える森林づくり >
  5. みんなでつくる三重の森林 >
  6. 県民参加の植樹 >
  7.  ユネスコエコパークの森で植樹祭を開催しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. みどり共生推進課  >
  4.  みどり推進班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

ユネスコエコパークの森で植樹祭を開催しました

県では、森林や林業、木への関心を深めていただくため、県民参加の植樹祭を開催しています。
平成28年12月4日(日)、同年3月に町全域がユネスコエコパークに拡張登録された大台町で植樹祭を開催しました。大台町滝谷地内で、事前にご応募いただいた皆さんによる植樹と、奥伊勢フォレストピアでは、木に親しんでいただけるイベント、そして、総門山では、森のようちえんを開催しました。ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

植樹の様子

大台町は、地域性苗木を使用した多様な樹木による森づくりを行っています。今回の植樹でも、地域性苗木の植樹を行いました。

まずは、植樹の方法についての説明です。

植樹の様子です。


植樹地の下方には、清流宮川が流れています(左)。また、向こう側の斜面は、平成16年の台風21号による土砂災害の跡地です。森づくりは大切です。

植樹完了です。

イベント会場の様子

式典

植樹終了後は、イベント会場である奥伊勢フォレストピアへ移動し、式典を行いました。
主催者を代表して、尾上大台町長にご挨拶いただき、ご来賓を代表して、西場県会議員からもご挨拶をいただきました。

その後、主催代表者とご来賓による記念植樹を行いました。

(左写真)吉仲三重県農林水産部長(左)、尾上大台町長(中)、川喜田三重県緑化推進協会会長(右)
(右写真)濵井県会議員(左)、西場県会議員(右)

その他の体験

イベント会場では、丸太切り体験、木を使ったニュースポーツ「クッブ」体験、三重の木のおもちゃで遊べる「ミエトイ・キャラバン」、三重県産スギ材を使ったマガジンラック作り(三重県木材協同組合連合会)、自然素材を使ったリース作り(三重県森林協会)を行ったほか、三重県緑化推進協会による苗木の無料配布を行いました。また、大台町ブースでは、この日の植樹に用いた地域性苗木のミニ盆栽や、大台町で育った樹から抽出したアロマオイルの販売もありました。
そして、この日は、「奥伊勢サンデーマーケット×パンマルシェ(主催:奥伊勢サンデーマーケット実行委員会)」も同時開催で、多くのお客さんでにぎわいました。

 

森のようちえんの様子

大杉谷自然学校さんによる森のようちえんを行いました。奥伊勢フォレストピアからバスで約20分、総門山の自然の中で、素敵な時間を過ごしていただきました。
 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 みどり共生推進課 みどり推進班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2513 
ファクス番号:059-224-2070 
メールアドレス:midori@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000190501