現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 自然環境 >
  4. 自然公園 >
  5. 三重の自然公園 >
  6. 各自然公園のあらまし >
  7.  香肌峡県立自然公園のあらまし
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. みどり共生推進課  >
  4.  自然公園班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

0

香肌峡県立自然公園のあらまし

 自然の中に古い街道の面影を宿す情緒あふれる地

指定日
昭和28年10月1日
香肌峡県立自然公園の写真
面積
31,262ヘクタール
市町
松阪市、多気町
自然美
中央構造線、香肌峡、奥香肌峡、櫛田川の渓谷美、高見山、池木屋山
動植物
トガサワラ、スギ・ヒノキ造林地
歴史的
建造物
和歌山街道、波瀬本陣跡

高見山、池木屋山など、台高山脈北部の山岳地帯を源流とする櫛田川の上・中流域を主体とする区域です。櫛田川に沿うように東西に走る大断層「中央構造線」を境として、北と南では地質が明瞭に分かれており、公園を特色づける地学景観となっています。河川は蛇行しながらV字渓谷を形成し、岩を蝕む急流や深渕、露岩がつらなり、岸の緑とあいまって、いたるところで渓谷美をみせています。

一帯は、古くからの全国有数の林業地としてスギ・ヒノキの造林が進んでいますが、局ヶ岳(1,029メートル)の山頂部にはハリモミやシロヤシオなどの混生するブナ林があり、また水源部の渓谷沿いにはトガサワラが生育し、本州の分布北限地となっています。

櫛田川流域は古代、大和から伊勢への文化のルートとして開け、近世には伊勢・吉野・高野山への巡礼や、紀州候の参勤交代の紀州(和歌山)街道として栄えたところです。今も高見峠下の波瀬本陣跡には遺構が残されているほか、街道沿いの集落には昔の宿場の面影があり、沿道には大石不動院、丹生大師、古くは水銀の産地としてしられた多気町丹生をはじめ、古刹・旧蹟も多く、史的連想からも興味のつきないところです。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 みどり共生推進課 自然公園班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2627 
ファクス番号:059-224-2070 
メールアドレス:midori@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012135