現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 農山漁村振興 >
  5. 心豊かな里づくり >
  6. 研修会等 >
  7.  しまがはら里づくり交流促進会(伊賀市)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農山漁村づくり課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重のふるさと

平成16年度モデル地域実績

しまがはら里づくり交流促進会(伊賀市)

戻る

地域の概要

伊賀市旧島ヶ原村は、三重県の西北端に位置し、京都府、奈良県、滋賀県と県境を接しています。島ヶ原村は「伊賀コシヒカリ」の産地として知られ、JAいがほくぶEM部会がEM米を栽培し、26名が米のエコファーマー資格を取得するなど、環境保全型農業に積極的に取り組むほか、村のおばあちゃん達が作る「きゅうりの粕漬け」が特産品として知られています。また、村の交流施設「しまがはら温泉やぶっちゃ」は温泉施設、オートキャンプ場として関西方面からの客を集めています。しまがはら里づくり交流促進会では、平成17年2月新装オープンした「やぶっちゃ島ヶ原温泉農産物加工棟野良じまん(*)」で都市住民との交流を行うため、体験メニュー等の開発に取り組みました。

*野良じまん・・・体験工房・加工工房・農産物直売所で構成
           (当事業では、加工工房の味噌加工体験用機材のみを整備)

詳しくは、しまがはら郷づくり公社農業振興部までお問い合わせください。
電話0595-59-3223
 

第1回研究会でしまがはら里づくり交流促進会を訪問しました。

木津川の写真 農産物加工棟「野良じまん」の写真
木津川 農産物加工棟「野良じまん」
地産地消にこだわる直売所の写真 よもぎ餅の写真
地産地消にこだわる直売所 よもぎ餅

目指そうとする地域の姿

特産品加工体験等を通じて、都市住民と村民がいきいきと「みのり」ある村づくりをめざす。

■目標項目 ■取組実績 ■残された課題と今後の対応方針
特産品や加工品の体験をして、島ヶ原に親しみをもってもらい第2のふ・驍ウとと感じてもらう。 ・味噌加工体験用機材の整備 ・味噌づくり体験の開催 ・こんにゃくづくり、お菓子づくり勉強会の開催 体験施設の周年利用のための、新しい体験メニューの開発。
農業体験の場として遊休農地を活用し、都市住民と村民が共に農地の保全等に取り組んでいく。 ・ブルーベリーの苗を試験的に法面に植栽 都市住民に呼びかけ農業体験をしていただき、地域住民と一緒に遊休農地の活用をはかる。

取組に際して苦労した点など

加工工房には地元住民7チーム約40人が交代で勤務している。毎日一定の品質が確保できないので、各チームのレベル向上のため、まだまだ勉強が必要である。また、こんにゃく芋の栽培場所により品質にばらつきがあるので、栽培方法についても勉強が必要である。

戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 農山漁村づくり課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2551 
ファクス番号:059-224-3153 
メールアドレス:nozukuri@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000031687