現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 農山漁村振興 >
  5. 心豊かな里づくり >
  6. 研修会等 >
  7.  三重県グリーン・ツーリズムネットワーク大会
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農山漁村づくり課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重のふるさと

三重県グリーン・ツーリズムネットワーク大会

 平成22年11月に第9回全国グリーン・ツーリズムネットワーク岐阜・三重大会を開催し、全国の多くのグリーン・ツーリズム実践者と情報交換や議論を通して交流を深め、三重県の農山漁村資源の素晴らしさと、その資源を活かしたグリーン・ツーリズム魅力について再認識しました。
 この度、多くの実践者との連携・交流をさらに深め、農山漁村の魅力を再発見するとともに、新たな魅力を県内外へ情報発信していく、三重県グリーン・ツーリズムネットワーク大会を開催します。

 

第1回三重県グリーン・ツーリズムネットワーク大会を開催しました

 県内を中心としたグリーン・ツーリズムの関係者や興味のある方などが、一堂に会して互いに連携・交流を深め、答志島の魅力一杯のプログラムを体験する第1回三重県グリーン・ツーリズムネットワーク大会を平成24年10月16日(火)から17日(水)まで鳥羽市答志島で開催しました。
 大会では、農山漁村の魅力を再発見するとともに、新たな魅力を県内外へ情報発信していくことを目的としました。大会の報告書はこちらからダウンロードできますのでよろしくお願いいたします。
 第1回三重県グリーン・ツーリズムネットワーク大会報告書(PDF、2167KB)

 なお、大会報告書の概要は以下のとおりです。大会の詳細については、報告書をご覧ください。

開催日程

 平成24年10月16日(火)~17日(水)

開催場所

鳥羽市答志島 鳥羽市答志島

 答志コミュニティアリーナほか

大会テーマ

 暮らすように旅をする

参加者

 107名(2日間累計、日帰りの参加者、事務局なども含む)

 体験プログラム

 答志島ならではの2つの体験プログラムから1つを選択して、体験しました。
答志島路地裏案内 ①答志島路地裏案内:『巨大迷路答志島。その鍵をとくのはあなた』をテーマに島の路地を散策して、島民とふれあい、漁村の生活文化を感じながら暮らすような旅をして、最後に参加者同士で話し合いをしました。

 

オリジナル漁具作成  ②オリジナル漁具作成~海で生きるということ『島人になる日』をテーマに、童心に還り、漁師さんになったつもりで作ったたった一つのオリジナル漁具で、実際に海で魚を釣り、最後に参加者同士で話し合いをしました。

 

市場見学

答志集約市場見学 全国でも7市場しかない、優良衛生品質管理市場に三重県第1号で認定された答志集約市場を見学しました。まず、インストラクターから、市場の説明があり、その後、各自で市場内を見学し、漁協の職員さんなどにお話しも聞きました。

基調講演

基調講演 地産地消“食”を地域資源とした拠点、郷土の家庭料理「ひまわり亭」代表の本田節さんの基調講演がありました。
 演目『今そこにあるものが人をつなぎ、地域を活かす~地域資源を活かしたまちづくり~』

 パネルディスカッション

パネルディスカッション 東洋大学社会学部教授の青木辰司さんコーディネートのもと、「三重県のグリーン・ツーリズムを振り返り、今後を考える」をテーマにパネルディスカッションを行いました。
  パネリスト:本田節さん(郷土の家庭料理「ひまわり亭」代表)
  丸山裕治さん(新潟県妙高市役所農林課)
  山本齊さん(松阪市、リバーサイド茶倉理事長)
  中村泰久さん(鳥羽市、TIC代表)

主催

 三重県グリーン・ツーリズムネットワーク大会実行委員会、三重県

後援

 鳥羽市、鳥羽磯部漁業協同組合、答志島旅館組合、鳥羽市観光協会

お問い合わせ先

〒514-8570 三重県農林水産部農業基盤整備課農地・水保全班

電話 059-224-2551、FAX 059-224-3153
E-mail:nokiban@pref.mie.jp

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 農山漁村づくり課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2551 
ファクス番号:059-224-3153 
メールアドレス:nozukuri@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000031544