現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. みえのカキ安心情報 >
  5. 海域情報 >
  6. 過去の海域情報 >
  7.  平成16年度の海域情報
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  保健所  >
  3. 伊勢保健所  >
  4.  保健衛生室(衛生指導課志摩市駐在) 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成16年度の海域情報

第27回海域情報 平成17年4月1日(金)提供

今週もノロウイルス遺伝子検出結果は各海域ともマイナスでした。

また、4海域すべてで海水温も10℃以上に回復し、海洋状況は良好です。

調査日:
H17.3.28(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(11.9℃)

20mm(H17.3.28)

動向に変化あり
(3月第4週)
鳥羽海域桃取
(11.0℃)

18mm(H17.3.28)
鳥羽海域小浜
(10.8℃)

18mm(H17.3.28)
的矢湾
(12.8℃)

19mm(H17.3.28)

動向に変化あり
(3月第4週)

◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第26回海域情報 平成17年3月25日(金)提供

今週もノロウイルス遺伝子検出結果は各海域でマイナスでした。

また、鳥羽海域桃取を残し海水温も10℃以上に回復してきており、プランクトンの動向に変化はみられたものの、海洋状況は良い方向に向かっています。

なお、今シーズンの鳥羽海域桃取における生食用カキの出荷はすでに終了しています。

カキシーズンもあとわずかですが、引き続き海域情報の確認をしていただくようにしてください。

また、ノロウイルスによる感染症を防ぐため、用便後や調理・食事前の十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.3.21(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(10.7℃)

9mm(H17.3.22)
5mm(H17.3.23)

動向に変化あり
(3月第4週)
鳥羽海域桃取
(9.5℃)

7mm(H17.3.22)
7mm(H17.3.23)
鳥羽海域小浜
(10.1℃)

7mm(H17.3.22)
7mm(H17.3.23)
的矢湾
(13.2℃)

15mm(H17.3.22)
5mm(H17.3.23)

動向に変化あり
(3月第4週)

◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第25回海域情報 平成17年3月18日(金)提供

今週もノロウイルス遺伝子検出結果は各海域でマイナスでした。

しかし、依然として海水温が10℃を切っている海域が見られますので、引き続き十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

ノロウイルスによる感染症を防ぐためには用便後や調理・食事前の十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.3.14(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(11.2℃)

26mm(H17.3.11)
8mm(H17.3.17)

検出せず
(3月第2週)
鳥羽海域桃取
(8.0℃)

21mm(H17.3.11)
14mm(H17.3.17)
鳥羽海域小浜
(9.5℃)

24mm(H17.3.11)
7mm(H17.3.17)
的矢湾
(10.9℃)

31mm(H17.3.11)
9mm(H17.3.17)

検出せず
(3月第2週)

◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第24回海域情報 平成17年3月11日(金)提供

今週もノロウイルス遺伝子検出結果は各海域でマイナスでした。

しかし、依然として海水温が10℃を切っている海域が見られることから、引き続き十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

ノロウイルスによる感染症を防ぐためには用便後や調理・食事前の十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.3.7(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(9.3℃)

6mm(H17.3.3)
10mm(H17.3.4)

検出せず
(3月第2週)
鳥羽海域桃取
(9.5℃)

4mm(H17.3.3)
12mm(H17.3.4)
鳥羽海域小浜
(9.8℃)

7mm(H17.3.3)
16mm(H17.3.4)
的矢湾
(10.4℃)

6mm(H17.3.3)
12mm(H17.3.4)

検出せず
(3月第2週)

◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第23回海域情報 平成17年3月4日(金)提供

今週もノロウイルス遺伝子検出結果は各海域ともマイナスでした。

しかし、依然、海水温が10℃を切っている海域が見られますので、引き続き十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

ノロウイルスによる感染症を防ぐためには用便後や調理・食事前の十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.2.28(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(10.1℃)

6mm(H17.3.3)

検出せず
(2月第4週)
鳥羽海域桃取
(8.0℃)

4mm(H17.3.3)
鳥羽海域小浜
(9.0℃)

7mm(H17.3.3)
的矢湾
(11.6℃)

6mm(H17.3.3)

検出せず
(2月第4週)

◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第22回海域情報 平成17年2月25日(金)提供

ノロウイルス遺伝子検出結果は各海域ともマイナスでした。

しかし、的矢湾を除く各海域で海水温が10℃を切っていることやカキによる健康被害の関連調査の報告が1件入ったことから、引き続き十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

ノロウイルスによる感染症を防ぐためには用便後や調理・食事前の十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.2.21(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(9.6℃)

8mm(H17.2.18)
8mm(H17.2.19)
16mm(H17.2.24)

(1件※)

検出せず
(2月第2週)
鳥羽海域桃取
(9.0℃)

9mm(H17.2.18)
10mm(H17.2.19)
22mm(H17.2.24)
鳥羽海域小浜
(8.4℃)

13mm(H17.2.18)
10mm(H17.2.19)
20mm(H17.2.24)
的矢湾
(11.6℃)

10mm(H17.2.18)
12mm(H17.2.19)
18mm(H17.2.24)

検出せず
(2月第2週)

※印の「健康被害の報告」の1件は、カキが原因と断定されたものではありません。
◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第21回海域情報 平成17年2月18日(金)提供

ノロウイルス遺伝子検出結果は各海域ともマイナスでした。

しかし、少しまとまった降雨があったことと、先週、情報提供後にカキによる健康被害の関連調査の報告が1件入ったことから、引き続き十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

ノロウイルスによる感染症を防ぐためには用便後や調理・食事前の十分な手洗いに心がけましょう。

なお、今年度の感染症流行のピークは過ぎた模様です。

調査日:
H17.2.14(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(10.2℃)

2mm(H17.2.15)
26mm(H17.2.16)
1mm(H17.2.17)

(1件※)

検出せず
(2月第2週)
鳥羽海域桃取
(8.0℃)

2mm(H17.2.15)
12mm(H17.2.16)
1mm(H17.2.17)
鳥羽海域小浜
(8.4℃)

3mm(H17.2.15)
36mm(H17.2.16)
2mm(H17.2.17)
的矢湾
(11.8℃)

2mm(H17.2.15)
30mm(H17.2.16)
1mm(H17.2.17)

検出せず
(2月第2週)

※印の「健康被害の報告」の1件は、カキが原因と断定されたものではありません。
◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第20回海域情報 平成17年2月11日(金)提供

今週もノロウイルス遺伝子検出結果は各海域ともマイナスで安定しています。

海洋状況についてはわずかながら降雨が見られましたが、海洋状況に影響が出るほどではありません。しかし、今後も水温の低下やまとまった降雨には注意が必要ですので次週の情報に留意してください。

なお、カキによる健康被害の関連調査の報告はありませんでしたが、引き続き十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

ノロウイルスによる感染症を防ぐためには用便後や調理・食事前の十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.2.7(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(11.6℃)

8mm(H17.2.8)
1mm(H17.2.9)

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第4週)
鳥羽海域桃取
(7.5℃)

14mm(H17.2.8)
1mm(H17.2.9)
2mm(H17.2.10)
鳥羽海域小浜
(9.0℃)

8mm(H17.2.8)
1mm(H17.2.9)
1mm(H17.2.10)
的矢湾
(10.4℃)

8mm(H17.2.8)
1mm(H17.2.9)
2mm(H17.2.10)

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第4週)

◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第19回海域情報 平成17年2月4日(金)提供

先週に引き続き、ノロウイルス遺伝子検出結果は各海域ともマイナスで安定しています。

海洋状況については一部の海域でやや持ち直してきましたが、依然水温の低下が予測されることから次週の情報には十分注意してください。

なお、カキによる健康被害の関連調査の報告はありませんでしたが、引き続き十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

ノロウイルスによる感染症を防ぐためには用便後や調理・食事前の十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.1.31(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(11.4℃)

0mm

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第4週)
鳥羽海域桃取
(9.0℃)

0mm
鳥羽海域小浜
(9.6℃)

0mm
的矢湾
(12.6℃)

0mm

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第4週)

◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第18回海域情報 平成17年1月28日(金)提供

ノロウイルス遺伝子検出結果は各海域ともマイナスで、少し安定してきたようです。

しかし、海洋状況、特に今後の水温低下が予測されることから次週の情報には十分注意してください。

また、カキによる健康被害の関連調査が今週1件あったことから、引き続き十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

なお、ノロウイルスによる感染症を防ぐためにも用便後や調理・食事前には十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.1.24(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(11.0℃)

0mm

(1件※)
システム
対象外施設

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第4週)
鳥羽海域桃取
(9.0℃)

0mm
鳥羽海域小浜
(9.8℃)

0mm
的矢湾
(10.7℃)

0mm

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第4週)

※印の「健康被害の報告」の1件は、カキが原因と断定されたものではありません。
◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第17回海域情報 平成17年1月21日(金)提供

先週に引き続きノロウイルス遺伝子検出結果は各海域ともマイナスでした。

しかし、海洋状況の悪化、特に今後水温の低下が予測されることから次週の情報には十分注意してください。

また、カキによる健康被害の関連調査もあったことから、十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

なお、今話題とされているノロウイルスによる感染症を防ぐためにも用便後や調理・食事前には十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.1.17(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(11.3℃)

13mm(H17.1.15)

(1件)

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第2週)
鳥羽海域桃取
(9.5℃)

1mm(H17.1.14)
12mm(H17.1.15)
鳥羽海域小浜
(9.8℃)

12mm(H17.1.15)

(1件※)
システム
対象外施設
的矢湾
(10.7℃)

14mm(H17.1.15)

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第2週)

※印の「健康被害の報告」の1件は、カキが原因と断定されたものではありません。
◎垂下水深の引き下げが完了したことから、第15回提供分よりカキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第16回海域情報 平成17年1月14日(金)提供

今回も、前回に引き続きノロウイルス遺伝子検出結果は各海域ともマイナスでした。

しかし、海洋状況は良くないことから引き続き今後の情報に注意してください。

なお、今シーズンはこれまでのところカキによる健康被害の報告はありませんが、今後発生するおそれも考えられますので、十分に加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

また、今話題とされているノロウイルスによる感染症を防ぐためにも用便後や調理・食事前には十分な手洗いに心がけましょう。

調査日:
H17.1.10(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(11.5℃)

0mm

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第2週)
鳥羽海域桃取
(9.0℃)

1mm(H17.1.6)
鳥羽海域小浜
(10.9℃)

1mm(H17.1.6)
的矢湾
(11.4℃)

0mm

遺伝子の型は
前回と同じ
(1月第2週)

◎第15回提供分から、カキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第15回海域情報 平成17年1月7日(金)提供

今回のノロウイルス遺伝子検出結果は、生産者がカキ蓄養カゴを3.5mまで引き下げる対策をとっていることから各海域ともマイナスでした。

しかし、水温が次第に下がってきており、海洋状況は良くないことから引き続き今後の情報に注意してください。

なお、今シーズンはこれまでのところカキによる健康被害の報告はありませんが、今後発生するおそれも高まってきますので、できる限り加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

調査日:
H17.1.3(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(12.5℃)

28mm(H16.12.31)
3mm(H17.1.4)

動向に変化あり
(12月第4週)
鳥羽海域桃取
(10.0℃)

27mm(H16.12.31)
2mm(H17.1.4)
鳥羽海域小浜
(11.4℃)

30mm(H16.12.31)
5mm(H17.1.4)
的矢湾
(10.2℃)

35mm(H16.12.31)
1mm(H17.1.4)

動向に変化あり
(12月第4週)

※第15回提供分から、カキの検体を採取する水深を3.5mとしています。
+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第14回海域情報 平成16年12月31日(金)提供

的矢湾海域及び鳥羽海域小浜で採取した一部のカキからノロウイルス遺伝子が検出されました。

感染性胃腸炎の流行に加えて海水温も徐々に低下しており、1月~2月にかけては10℃を下回ると予想されます。

この時期は特に健康被害の発生のおそれも高まってきますので、できる限り加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

なお、今シーズンはこれまでのところカキによる健康被害の報告はありません。

調査日:
H16.12.27(月)(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(14.3℃)

9mm(H16.12.29)

動向に変化あり
(12月第4週)
鳥羽海域桃取
(12.0℃)

11mm(H16.12.29)
鳥羽海域小浜
(13.2℃)

16mm(H16.12.29)
的矢湾
(14.8℃)
++
13mm(H16.12.29)

動向に変化あり
(12月第4週)

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第13回海域情報 平成16年12月24日(金)提供

鳥羽海域桃取を除く各海域で採取した一部のカキからノロウイルス遺伝子が検出されました。

今のところ水温は安定していますが、感染性胃腸炎の流行が始まっていることから、今後の動向には十分注意していただくとともに、不安な方は加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

なお、今シーズンはこれまでのところカキによる健康被害の報告はありません。

調査日:
H16.12.20(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(15.4℃)

5mm(H16.12.20)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(14.0℃)

6mm(H16.12.19)
4mm(H16.12.20)
鳥羽海域小浜
(14.9℃)

17mm(H16.12.19)
10mm(H16.12.20)
的矢湾
(15.6℃)

2mm(H16.12.19)
8mm(H16.12.20)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第12回海域情報 平成16年12月17日(金)提供

各海域におけるカキのウイルス遺伝子検出状況はすべてマイナスであり、良好で安定しています。

しかし、感染性胃腸炎の流行が始まったことから、今後の動向には十分注意してください。

なお、今シーズンはこれまでのところカキによる健康被害の報告はありません。

調査日:
H16.12.13(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(15.4℃)

5mm(H16.12.12)
1mm(H16.12.13)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(15.0℃)

7mm(H16.12.12)
鳥羽海域小浜
(15.8℃)

6mm(H16.12.12)
1mm(H16.12.13)
的矢湾
(16.4℃)

7mm(H16.12.12)
1mm(H16.12.13)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第11回海域情報 平成16年12月10日(金)提供

低気圧の影響により12月4、5日に50mmを超える降雨が各海域でありましたが、カキのウイルス遺伝子検出状況はすべてマイナスであり、良好で安定しています。

しかし、昨年度は12月の第2週目(12/12提供分)に感染性胃腸炎の流行が始まっていますので、引き続き今後の動向に注意してください。

なお、今シーズンはこれまでのところカキによる健康被害の報告はありません。

調査日:
H16.12.6(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(16.4℃)

94mm(H16.12.4)
41mm(H16.12.5)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(15.0℃)

77mm(H16.12.4)
51mm(H16.12.5)
鳥羽海域小浜
(15.4℃)

93mm(H16.12.4)
51mm(H16.12.5)
的矢湾
(15.7℃)

103mm(H16.12.4)
32mm(H16.12.5)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第10回海域情報 平成16年12月3日(金)提供

各海域におけるカキのウイルス遺伝子検出状況はすべてマイナスであり、良好で安定しています。

しかし、昨年度は12月の第2週目(12/12提供分)に感染性胃腸炎の流行が始まっていますので、引き続き今後の動向に注意してください。

なお、今シーズンはこれまでのところカキによる健康被害の報告はありません。

調査日:
H16.11.29(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(17.5℃)

0mm

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(16.0℃)

0mm
鳥羽海域小浜
(17.7℃)

0mm
的矢湾
(16.8℃)

0mm

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第9回海域情報 平成16年11月26日(金)提供

各海域におけるカキのウイルス遺伝子検出状況はすべてマイナスであり、引き続き良好で安定しています。

しかし、冬場を迎え感染性胃腸炎の流行にも注意すべき時期となってきていますので、今後の動向に留意してください。

なお、今シーズンはこれまでのところカキによる健康被害の報告はありません。

調査日:
H16.11.22(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(18.6℃)

12mm(H16.11.18)
1mm(H16.11.19)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(16.9℃)

17mm(H16.11.18)
3mm(H16.11.19)
鳥羽海域小浜
(18.4℃)

15mm(H16.11.18)
2mm(H16.11.19)
的矢湾
(18.6℃)

11mm(H16.11.18)
1mm(H16.11.19)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第8回海域情報 平成16年11月19日(金)提供

カキのウイルス遺伝子検出状況は各海域ですべてマイナスとなり良好で安定しています。

プランクトンからの遺伝子検出に若干変化のきざしが見られたため今後の動向を見守っていきます。

なお、これまでのところカキによる健康被害の報告はありません。

調査日:
H16.11.15(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(20.4℃)

15mm(H16.11.15)
12mm(H16.11.18)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(18.5℃)

16mm(H16.11.15)
17mm(H16.11.18)
鳥羽海域小浜
(19.3℃)

16mm(H16.11.15)
15mm(H16.11.18)
的矢湾
(20.4℃)

13mm(H16.11.15)
11mm(H16.11.18)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第7回海域情報 平成16年11月12日(金)提供

ようやく台風の影響もおさまったようです。ウイルス遺伝子検出状況も各海域ですべてマイナスとなり良好で安定してきました。

なお、これまでのところカキによる健康被害の報告はありません。

調査日:
H16.11.8(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(20.2℃)

39mm(H16.11.11)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(19.8℃)

14mm(H16.11.11)
鳥羽海域小浜
(19.6℃)

16mm(H16.11.11)
的矢湾
(20.7℃)

12mm(H16.11.11)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第6回海域情報 平成16年11月5日(金)提供

一部の海域でウイルス遺伝子が検出されました。

しかし、検出されたウイルス遺伝子は、台風の大雨によりこれまで河川底(海底)に土砂と共に残存していたウイルス(死骸※)が、一時的に海中に舞い上がったことによるものと推測します。

今シーズン各海域で健康被害がないことに加え、その他の条件が比較的安定していることから引き続き健康への影響は少ないと考えます。
※ここでの死骸とは、ウイルスの断片等人への影響のないものを指しています。

調査日:
H16.11.1(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(20.7℃)

65mm(H16.10.30)
40mm(H16.10.31)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(21.0℃)

56mm(H16.10.30)
90mm(H16.10.31)
鳥羽海域小浜
(20.6℃)

57mm(H16.10.30)
78mm(H16.10.31)
的矢湾
(20.0℃)

48mm(H16.10.30)
46mm(H16.10.31)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第5回海域情報 平成16年10月29日(金)提供

相次ぐ台風や大雨の影響により予想以上に海水の撹拌が生じたためか、先週の的矢湾海域に続き今週は他の3海域でもウイルス遺伝子が検出されましたが、今年の感染性胃腸炎の流行が始まっていないこと、水温が安定していることなどから健康への影響は少ないと考えます。

また、例年この時期に検出されるウイルスによる健康被害の報告もありません。

しかし、不安な方は加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

調査日:
H16.10.25(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(21.6℃)

71mm(H16.10.20)
7mm(H16.10.26)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(21.5℃)

64mm(H16.10.20)
8mm(H16.10.26)
鳥羽海域小浜
(21.1℃)

81mm(H16.10.20)
9mm(H16.10.26)
的矢湾
(20.8℃)

57mm(H16.10.20)
9mm(H16.10.26)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第4回海域情報 平成16年10月22日(金)提供

相次ぐ台風によりカキ養殖海域も大荒れの状況で、今年度のカキの成育にも影響が出ています。

的矢湾海域においてはウイルスが検出されましたが、今年の感染性胃腸炎の流行が始まっていないことと、水温が安定していることなどから健康への影響は少ないと考えます。また、例年この時期に検出されるウイルスによる健康被害の報告もありません。

しかし、不安な方は加熱調理して食べていただくことをおすすめします。

調査日:
H16.10.18(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(23.7℃)

101mm(H16.10.19)
71mm(H16.10.20)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(21.8℃)

54mm(H16.10.19)
64mm(H16.10.20)
鳥羽海域小浜
(22.3℃)

102mm(H16.10.19)
81mm(H16.10.20)
的矢湾
(21.7℃)

84mm(H16.10.19)
57mm(H16.10.20)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第3回海域情報 平成16年10月15日(金)提供

秋雨前線の影響により、10月8~9日に50mmを超える降雨がありましたが、他の調査項目については問題がありませんでした。

過去7年間このような条件下では有症苦情の発生はありません。

調査日:
H16.10.11(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(23.2℃)

134mm(H16.10.8)
150mm(H16.10.9)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(21.5℃)

108mm(H16.10.8)
144mm(H16.10.9)
鳥羽海域小浜
(23.7℃)

133mm(H16.10.8)
117mm(H16.10.9)
的矢湾
(22.8℃)

137mm(H16.10.8)
117mm(H16.10.9)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第2回海域情報 平成16年10月8日(金)提供

秋雨前線の影響により、10月5日に50mmを超える降雨がありましたが、他の調査項目については問題がありませんでした。

過去7年間このような条件下では有症苦情の発生はありません。

調査日:
H16.10.4(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(23.7℃)

76mm(H16.9.29)
73mm(H16.10.5)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(21.5℃)

52mm(H16.9.29)
68mm(H16.10.5)
鳥羽海域小浜
(23.3℃)

98mm(H16.9.29)
83mm(H16.10.5)
的矢湾
(23.5℃)

79mm(H16.9.29)
66mm(H16.10.5)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。

第1回海域情報 平成16年10月1日(金)提供

台風21号と秋雨前線の影響により、9月27~29日にかけここ数年例のない大量の雨が降りました。カキの成育に影響がないか心配されるところです。

さて、第1回の情報ですが、50mmを超える降雨がありましたが他の項目については問題がありませんでした。

過去7年間このような条件下では有症苦情の発生はありません。

調査日:
H16.9.27(月)
(1)
感染性胃腸炎
の流行
(2)
海域の水温
(10℃以下)
(3)
カキから
ウイルス遺伝子
検出
(4)
降水量
(50mm超)
(5)
健康被害
の報告
(6)
プランクトンの
ウイルス遺伝子
の動向
鳥羽海域浦村
(26.0℃)

57mm(H16.9.27)
76mm(H16.9.29)

動向に変化なし
鳥羽海域桃取
(24.8℃)

54mm(H16.9.27)
52mm(H16.9.29)
鳥羽海域小浜
(25.5℃)

52mm(H16.9.27)
98mm(H16.9.29)
的矢湾
(24.8℃)

98mm(H16.9.27)
79mm(H16.9.29)

動向に変化なし

+:条件に該当する。 -:条件に該当しない。
プランクトン調査は毎月第2週及び第4週に実施予定です。



三重県における過去の調査・研究結果から、健康被害の発生には以下の条件が大きく関与していることがわかってきています。

  1. 伊勢湾周辺地域で感染性胃腸炎の流行があったとき
  2. カキ養殖海域の水温が10℃以下となる時期
  3. ノロウイルス(SRSV)遺伝子がカキのサンプルから検出されたとき
  4. 一度に50mmを超える雨が降り、河川水が大量に海に流れ込んだとき
  5. カキの健康被害があったとき
  6. プランクトンから検出されるウイルス遺伝子の動向及び消長

これらの要因を総合的に判断し、情報を提供していくこととしています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 伊勢保健所 保健衛生室(衛生指導課志摩市駐在) 〒517-0501 
志摩市阿児町鵜方3098-9(志摩庁舎2階)
電話番号:0599-43-5111 
ファクス番号:0599-43-5115 
メールアドレス:nhoken@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000042440