現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 農山漁村振興 >
  5. 農村の整備 >
  6.  県営ため池等整備事業
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農業基盤整備課  >
  4.  農地防災班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

洪水防止対策の推進

事業名 県営ため池等整備事業

トピックス

・第4回ため池百選に三重の2つのため池(ため池群)が選定されました。
http://www.pref.mie.jp/NOKIBAN/HP/sigoto/tameike_hyakusen.htm

事業概要

  1. ため池等整備(一般型):かんがい用ため池で老朽化による決壊、漏水を防止するため、堤体及び附帯施設の改修を行う。
  2. 用排水施設整備(土砂崩壊):風水害等によって土砂崩壊の危険が生じた箇所において土留擁壁、土砂ダム堰堤、水路等の新設又は改修を行い、農用地及び農用施設の災害を未然に防止する。
  3. 農業用河川工作物応急対策:河道の整備されている区間に設置された農業用河川工作物の構造が不適当、又は不十分であるものについて、洪水高潮による災害を未然に防止するため、整備補強等の改善措置を講ずる。
  4. 緊急ため池整備:地震発生時に人命,人家,公共施設等に被害を及ぼす恐れの高いため池において、緊急時に放流させるために必要な施設の改修を行う。
  5. 利活用保全整備:ため池等整備と併せ行うもので、ため池の保全及び利活用上必要な施設の新設または改修を行う。

採択基準

  1. ため池等整備(一般型):ア.受益面積10ha以上(中山間地帯及び地震関連地域にあっては、5ha以上) イ.総事業費おおむね 800万円以上
  2. 用排水施設整備(土砂崩壊):ア.受益面積5ha以上 イ.総事業おおむね 800万円以上
  3. 農業用河川工作物応急対策:ア.河川の直轄管理区間及び知事管理区間で、河道の整備されている区間に設置された農業用河川工作物のうち、河川管理施設応急対策基準に照らして、改善措 置を要するものについて、災害を未然に防止するために行う頭首工、水門、樋管、橋梁等の整備補 強イ.総事業費おおむね 5,000万円(中山間地帯にあっては想定被害額が 5,000万円以上で、関 係市町村住民の生命に危険が想定されるもの)
  4. 緊急ため池等整備:ア.受益面積10ha以上 イ.総事業費おおむね 800万円以上
  5. 利活用保全整備:ア.受益面積10ha以上(中山間地帯及び地震関連地域にあっては5ha以上)

事業名 団体営ため池等整備事業費

事業概要

  1. 危険ため池緊急整備:かんがい用ため池で老朽化による決壊、漏水を防止するため、堤体 及び附帯施設の改修を行う。
  2. 用排水施設整備:改築後における自然社会状況の変化等に対応して早急に整備を要する頭首工、揚排水機場、水路等の用排水施設の改修を行う。
  3. 農業用河川工作物応急対策:河道の整備されている区間に設置された農業用河川工作物の構造が不適当、又は不十分であるものについて、洪水高潮による災害を未然に防止するため、整備補強等の改善措置を講ずる。

採択基準

  1. 危険ため池緊急整備
    ア.受益面積 10ha未満(地震関連地域及び中山間地帯は5ha未満)
    イ.総事業費  800万円以上
  2. 用排水施設整備
    ア.受益面積  おおむね  20ha以上
    イ.総事業費  おおむね  800万円以上
  3. 農業用河川工作物応急対策
    ア.河川の直轄管理区間及び知事管理区間の整備されている区間に設置された農業用河川工作物のうち、河川管理施設応 急対策基準に照らして、改善措置を要す・驍烽フについて、災害を未然に防止するために行う頭首工、水門、樋管、橋梁等の整備補強
    イ.総事業費   800万円以上 5,000万円未満

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 農業基盤整備課 農地防災班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2604 
ファクス番号:059-224-3153 
メールアドレス:nokiban@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000025821