現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農業 >
  4. 農業総合 >
  5. 農業及び農村の活性化 >
  6.  新たな三重県食を担う農業及び農村の活性化に関する基本計画を策定しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 担い手支援課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

新たな「三重県食を担う農業及び農村の活性化に関する基本計画」を策定しました

平成28(2016)年3月22日

 三重県では、平成24年3月に「三重県食を担う農業及び農村の活性化に関する基本計画」を策定し、農業及び農村の活性化に関する施策を総合的かつ計画的に推進してきたところです。
 このたび、国の新たな「食料・農業・農村基本計画」の策定やTPP(環太平洋パートナーシップ協定)をはじめとするグローバル化の進展など、農業及び農村をめぐる情勢が変化していることから、これに対応するため計画内容を見直し、計画期間を平成28(2016)年度~平成37(2025)年度とする、新たな「三重県食を担う農業及び農村の活性化に関する基本計画」を策定しました。

 加えて、「基本計画」に基づく施策の着実な推進と的確なマネジメントを行うため、平成28(2016)年度を初年度とし、平成31(2019)年度までの4年間についての具体的な取組展開を示した「行動計画」を策定しました。
  新たな三重県食を担う農業及び農村の活性化に関する基本計画  (PDF)
  新たな三重県食を担う農業及び農村の活性化に関する行動計画(PDF)


 第二次基本計画のとりまとめにあたり、県民の皆さんの声を計画に反映させるため、中間案に対するご意見の募集を平成27年10月20日から平成27年11月19日まで実施しました。いただいたご意見とそれに対する県の考え方は次のとおりです。

 中間案にお寄せいただいたご意見とそれに対する県の考え方 (PDF)

1 策定の背景

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)をはじめとするグローバル化の進展や安全・安心な国産食料に対する消費者ニーズの高まりなど、農業および農村をめぐる情勢が変化する中、国内外の需要を積極的に取り込むとともに、ICT(情報通信技術)の導入や医療・介護分野などの新分野の開拓など、新たな可能性への積極的なチャレンジを応援することを通じて「もうかる農業」につなげていくことが重要です。

 また、農業従事者の高齢化が著しく進展する中で、若者が就労の場として農業を選べる環境づくりや雇用力のある農業経営体・集落営農組織の育成などを進め、多様な農業経営体を確保・育成していくとともに、農業生産の低コスト化・高度化に対応できる農業生産基盤の整備を計画的に進めていく必要があります。

 加えて、耕作放棄地の増大や集落機能の低下が懸念される中で、多様な地域の資源や魅力を生かした新たな雇用の創出と若者の定住につなげていくとともに、災害に強い安全・安心な農村づくりを計画的に進めていくことが求められています。

 この計画は、こうした認識のもとで、県民の皆さんの健全で豊かな食の実現と、三重県農業及び農村の持続的な発展に向けて、めざすべき将来の姿を明らかにするとともにその実現のための施策の総合的かつ計画的な推進を図るための基本的な計画として策定するものです。

2 基本計画の策定目的、性格

 この計画は、県民の皆さんの意見を反映し、「三重県食を担う農業及び農村の活性化に関する条例」第9条第1項の規定に基づく基本計画として知事が定めるもので、三重県の食を担う農業及び農村の活性化に関する施策の基本となる計画であるとともに、農業者、関係機関をはじめ、消費者等のさまざまな方々の参加を得る中で、三重県の「食」と「農」の活性化を進めるうえでの指針となるものです。

 また、農業者や農業団体、市町には、農業及び農村の振興に向けた取組を進めるための共通の指針として、さらに、県民の皆さんには、農業及び農村の振興に理解をいただくとともに、自らの健全で豊かな「食」の実現のために「食」と「農」との望ましい関係づくりへの参画を図るための指針として、利用されることを期待しています。

3 計画の期間、構成

 「基本計画」は、平成28(2016)年度を初年度とし、平成37年度(2025年度)を目標年とする10か年計画とし、農業及び農村を取り巻く情勢の変化に的確に対応し、効果的かつ効率的な農政展開を図ることができるよう、おおむね5年ごとに見直します。

 加えて、「基本計画」に基づく施策の着実な推進と的確なマネジメントを行うため、平成28年度(2016年度)を初年度とし、平成31年度(2019年度)までの4年間についての具体的な取組展開を示した「行動計画」を策定しています。

4 計画に基づく施策等の実施状況について

 基本計画に基づく当該年度の施策の実施状況について、条例第9条第5項の規定に基づき、毎年一回、とりまとめて公表することとしています。

 基本計画(2016(平成28)年度~)に基づく実施状況については以下のとおり公表しています。

平成28年度実施状況報告 平成29年10月23日
平成29年度実施状況報告 平成30年11月30日

 

(参考)基本計画(旧)及び行動計画(旧)

 平成24(2012)年3月に策定した基本計画(旧)及び行動計画(旧)については以下のとおりです。
 

三重県食を担う農業及び農村の活性化に関する基本計画・行動計画
 

 基本計画(2012(平成24)年度~)に基づく実施状況については以下のとおり公表しています。

平成24年度実施状況報告 平成25年10月16日

平成25年度実施状況報告 平成26年10月20日

平成26年度実施状況報告 平成27年10月9日

平成27年度実施状況報告 平成28年10月17日

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 担い手支援課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2354 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:ninaite@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000041736