現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. みえの食 >
  4. 郷土料理 >
  5. 東紀州の郷土料理 >
  6.  郷土料理 マンボウの肝和え
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産事務所等  >
  3. 尾鷲農林水産事務所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

郷土料理 マンボウの肝和え

マンボウの肝和え写真 ポイント
◎水族館などでしか見られないあのマンボウで、紀北   
 町紀伊長島区の郷土料理です。
◎歯ごたえがあり、白身魚や鶏のささみのような食
 感。
◎マンボウ自体はやや癖のある魚であるが、肝を和え
 ることで味がまろやかになる。他の食べ方として 
 は、しゃぶしゃぶや小ワタの干物やもあります。
   
(材料)4人分
マンボウ:普通は水族館に行かないとみられないのですが、ここではスーパーでも売っているお馴染みの魚です。
   
マンボウの切り身 500g  マンボウの肝 大さじ2
味噌(地味噌を利用する) 大さじ1.5(肝より少し少ない量)  砂糖 大さじ2
ネギ 適宜  とうがらしお好み
   
(作り方)
1 マンボウの切り身を一口大に切り(手でさく)沸騰した鍋に入れる。
2 ザルにあげ、水分をきる。
3 肝も湯通しする。
4 その肝をフライパンで溶かして砂糖、味噌で調味し、2と和える。

   好みでネギ、とうがらしを入れてもよい。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 尾鷲農林水産事務所 〒519-3695 
尾鷲市坂場西町1番1号(尾鷲庁舎5階)
電話番号:0597-23-3486 
ファクス番号:0597-23-0683 
メールアドレス:onorin@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000030506