現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 社会教育 >
  4. 読書活動 >
  5. 子どもの読書活動推進 >
  6.  高校生ビブリオバトル推進事業
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 社会教育・文化財保護課  >
  4.  社会教育班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

高校生ビブリオバトル推進事業

 三重県教育委員会では、高校生が自ら進んで読書に親しむきっかけをつくり、読書の楽しさや有益性を伝えることで、高校生の読書機会を拡充するため、平成26年度より高校生を対象としたビブリオバトル(書評合戦)を開催しています。
 ビブリオバトルをとおして、自分の考えを自分の言葉で表現するとともに、他者の考えへの理解を深めるなど、「思考力・判断力・表現力等」を育成することを目指しています。
 

ビブリオバトルとは?

 「ビブリオバトル」は、発表者(バトラー)が読んで面白かった本を1人5分間で発表し、全員の発表の後、参加者全員で「どの本が一番読みたくなったか?」を選ぶ楽しい書評合戦です。
 バトラーと参加者が意見を交しながら本を選ぶことにより、「本を通して人を知る・人を通して本を知る」素敵な出会いとなること間違いなしです!

 ルールは簡単、以下のとおりです。
  ①バトラーが読んで面白いと思った本を持って集まる。
  ②順番に1人5分間で本を紹介する。
  ③それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。
  ④全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い、
   最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。
 

高校生ビブリオバトルの開催

 三重県教育委員会では、県内の高等学校等に所属する高校生を対象に平成26年度よりビブリオバトル大会を開催しています。
 高校生のみなさん、難しい本を紹介しなくても大丈夫!あなた自身が誰かに紹介したくなるほど面白い本であれば、楽しい本、怖い本、悲しい本、勇気がわく本、何でも大丈夫です。自分の好きな本の魅力を5分間で存分に語ってみませんか。
 「発表はちょっと・・・」と思う人なら、まずは気軽に聴衆として参加してみてください。これまで自分が読んだことのない新たな本に出会うことができます。
 また、高校生以外のみなさん、高校生のみなさんがたくさん素敵な本を紹介してくれます。普段読まないジャンルの本に出会うなど意外な出会いがあなたを待っています!ぜひ、聴衆として参加してみてください。
 

地域での大会

 県内の様々な地域で高校生等を対象とした大会が県教育委員会と共催で開催されました。
 
(1)松阪地域高校生ビブリオバトル2017~赤壁の戦い 其の四~
   開催日程:平成29年7月28日(金)
   開催会場:三重県立松阪工業高等学校
   主催者 :松阪多気学校図書館教育研究会
   開催結果:チャンプ本「私たちは青になった」(岬 著/KADOKAWA)
        ブロックチャンプ本
        「モナミは世界を終わらせる?」(はやみねかおる 著/KADOKAWA)
        「近藤史恵リクエスト!ペットのアンソロジー」(我孫子武丸 他著/光文社)

(2)南勢志摩地域高校生ビブリオバトル2017いせ決戦
   開催日程:平成29年8月17日(木)
   開催会場:三重県立伊勢工業高等学校
   主催者 :南勢地区高等学校図書館連絡協議会
   開催結果:ブロックチャンプ本
        「物語のおわり」(湊かなえ 著/朝日新聞出版)
        「少女地獄」(夢野久作 著/東京創元社)
        「黒豚姫の神隠し」(カミツキレイニー 著/早川書房)
        
(3)牟婁地域高校生ビブリオバトル2017熊野古道決戦
   開催日程:平成29年11月18日(土)
   開催会場:三重県立木本高等学校
   主催者 :三重県学校図書館協議会
   開催結果:チャンプ本「浜村渚の計算ノート」(青柳碧人 著/講談社)
        ブロックチャンプ本
        「ホワイトラビット」(伊坂幸太郎 著/新潮社)

(4)高校生ビブリオバトル2017伊賀決戦
   開催日程:平成29年11月19日(日)
   開催会場:ハイトピア伊賀
   主催者 :伊賀地区学校図書館協議会
   開催結果:チャンプ本「あの夏を生きた君へ」(水野ユーリ 著/スターツ出版)
        ブロックチャンプ本
        「死神うどんカフェ1号店」(石川宏千花 著/講談社)
        「大震災名言録」(藤尾潔 著/明月堂書店)

(5)北勢地域高校生ビブリオバトル2017四日市決戦
   開催日程:平成29年11月23日(木)
   開催会場:三重県立北星高等学校
   主催者 :三重県学校図書館協議会
   開催結果:チャンプ本「珈琲店タレーランの事件簿」(岡崎琢磨 著/宝島社)
        ブロックチャンプ本
        「神さまのいない日曜日」(入江君人 著/KADOKAWA)
        「プシュケの涙」(柴村仁 著/講談社)
        「いのちの車窓から」(星野源 著/KADOKAWA)
        「疾風ロンド」(東野圭吾 著/実業之日本社)
        「幻想郵便局」(堀川アサコ 著/講談社)
  

県大会(高校生ビブリオバトル三重決戦2017)

 上記の大会や県大会に先立って開催した予選会から選出された生徒が発表者(バトラー)として参加しました。また、バトラー以外の高校生や一般のみなさんが聴取として参加し、大いに大会を盛り上げていただきました。
 なお、県大会の優勝者は平成30年1月に開催される全国大会へ三重県代表として出場します。
 
  開催日程:平成29年12月10日(日)
  開催会場:三重県生涯学習センター まなびぃ場情報コーナー「みるシル」
  開催結果:優勝  紹介本 「物語のおわり」(湊かなえ 著/朝日新聞出版)
           紹介者 伊勢高等学校 山本京佑さん
       優秀賞 紹介本 「乙女の港」(川端康成 著/実業之日本社)
           紹介者 伊勢高等学校 高橋健斗さん
           紹介本 「ホワイトラビット」(伊坂幸太郎 著/新潮社)
           紹介者 尾鷲高等学校 藤原愛子さん
 【大会の様子】
 大会会場の様子
 大会会場の様子 20人の高校生が自分が読んで面白いと思った本を紹介します。
 予選会場の様子
 予選会場の様子 高校生たちは紹介本の面白さを創意工夫あふれる発表で伝えてくれました。
 ディスカッションタイム
 ディスカッションタイム 5分間の発表の後、聴衆と簡単なディスカッションを行います。
 決勝の様子
 決勝の様子 全国大会への切符をかけて、さらに熱い発表が!
 大会後
 記念撮影 発表を終えた皆さんが、ホッとした様子で楽しく交流していた姿が印象的でした。  
  

全国大会(全国高等学校ビブリオバトル2017)

 全国高等学校ビブリオバトル2017(活字文化推進会議主催)が平成30年1月28日(日)に東京にて開催されました。三重県大会代表者として、三重県立伊勢高等学校 山本京佑さんが出場しました。
 
 「物語のおわり」を紹介する山本さん
   なお、全国大会の詳しい情報は主催者(活字文化推進会議)のホームページをご覧ください。
  https://katsuji.yomiuri.co.jp/ 
 

地域での大会・県大会で紹介された本  

 平成29年度に開催された地域での大会、県大会で紹介された本を紹介します。
  地域での大会で紹介された本一覧
  県大会で紹介された本一覧
 

平成28年度の実施状況 

  平成28年度の実施状況については詳しくはこちらをご覧ください。
  また、平成28年度に開催された地域大会、県大会で紹介された本は以下をご覧ください。
   地域大会で紹介された本一覧
   県大会で紹介された本一覧
 

広がっています!高校生ビブリオバトル

 自分の言葉で、本のおもしろさを表現するビブリオバトル。個人で読書に親しむだけでなく、友だちや同級生とコミュニケーションを図りながら、思考力・判断力・表現力が磨かれる機会となっています。
 県内の高等学校では、図書委員会活動や図書館行事をはじめとして、国語の授業でビブリオバトルに取り組むなど普及が進んでいます。また、校内大会が開催される学校もあり、多くの高校生がビブリオバトルに参加しています。
 

高等学校での実施の様子

 校内で取り組んでいる学校の一例をご紹介します。

図書委員会

伊勢工業高等学校
図書委員会活動


図書委員の親睦と図書委員会の活性化を目指したビブリオバトル。
生徒の感想「ちょっと緊張したけど、面白かったです!」

校内大会

校内大会の様子
 
みんなの前で発表し、拍手
をもらったり表現したりす
ることを「楽しい」と生徒
の多くが感じたようです。
紀南高等学校
国語授業


生徒からは「意見を述べる良い練習になった」、
「本のいいところを聞ける良い機会」など表現力
の高まりや読書への興味の高まりを示す感想が多
く寄せられました。

授業1

授業2

このほかの取組もご紹介します

 高校生ビブリオバトルの開催だけでなく、様々な主体と連携し、ビブリオバトルの普及に努めています。一例をご紹介します。

ビブリオバトルデモンストレーションの実施

伊賀市立神戸小学校(平成29年2月18日)
 皇學館大学のビブリオバトルサークル「ビブロフィリア」のメンバーと連携して、ビブリオバトルのデモンストレーションを伊賀市立神戸小学校にて実施しました。
   
 子どもたちは大学生のお兄さん、お姉さん、校長先生が紹介する本の内容に興味津々でした。アンケート結果では、紹介された本を読みたいと思った児童が9割を超えるなど、本との出会いを楽しんでくれました。
大紀町立錦小学校(平成29年11月6日)
 皇學館大学のビブリオバトルサークル「ビブロフィリア」のメンバーとともに、ビブリオバトルのデモンストレーションを大紀町立錦小学校にて実施しました。デモンストレーション後に小学校代表の児童4人が実際にビブリオバトルで発表しました。
   ディスカッション状況
 デモンストレーションの状況   紹介された本に興味津々    児童の発表内容にも質問がたくさん!

 参加した子どもたちの約2割が自分でも発表したい思ったと回答しています。また、本が苦手な児童も体験を通じて、本への関心を示すなど、読書がより親しみやすいものとなったことがわかります。
 

三重県立図書館で高校生ビブリオバトルに関する展示の開催

 三重県立図書館で高校生ビブリオバトル三重決戦2016で紹介された本や大会の様子を紹介した展示が平成29年3月に開催されています。
 
 
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課 社会教育班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-3322 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:shabun@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000184276