現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 社会教育 >
  4. 読書活動 >
  5. 子どもの読書活動推進 >
  6.  平成28年度子ども司書育成事業
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 社会教育・文化財保護課  >
  4.  社会教育班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

子ども司書育成事業

 三重県教育委員会は、読書の楽しさや大切さを周囲に伝え、本と人、図書館と人をつなぐ読書活動のリーダー「子ども司書」の育成に平成28年度から取り組みます。
 「子ども司書」になるためには、各市町で実施する実地研修の総時間数の8割以上を受講する必要があります。
 

事業概要

1.実施期間
  平成28年度
2.対象
  小学生(5・6年生)、中学生
3.内容
  子どもたちが図書館の機能や役割や「子ども司書」としての役割を理解し、読書活動推進のためのスキ
 ルを学ぶための研修を県及び市町にて実施します。
4.平成28年度の実施内容
(1)実施市町
   尾鷲市、朝日町、菰野町、明和町、多気町
(2)実施スケジュール
   7月   全体研修(県)
   7月以降 実地研修(市町)
   1月以降 子ども司書認証式
(3)研修内容
  ①全体研修(県)
   「子ども司書」制度を理解するためのオリエンテーション
  ②実地研修(市町立図書館等)
   以下の内容を含む研修を各市町立図書館等が実施します。
   1)図書館の仕組みと司書の仕事を理解する
   2)読書の魅力を伝える技術を習得する
   3)本の制作過程を体験し学習する
   4)学校等で活動する方法を考える
(4)子ども司書手帳の作成
   研修を受講する生徒・児童の活動を促進するために「三重県子ども司書手帳」を作成します。
   子ども司書手帳  
 

子ども司書を目指して、子どもたちはこんなことを学んでいます

 子ども司書を目指す子どもたちが県や市町立図書館等が実施する研修で学んでいる様子をお知らせします。

全体研修 

 各市町立図書館等で募集した子ども司書養成講座受講者を対象に、「子ども司書」の意義や役割などを理解するためのオリエンテーションとして「全体研修」を実施しました。
 1.開催日  平成28年7月28日(木)
 2.開催場所 三重県総合文化センター
 3.研修内容 開講式
        仲間づくりの時間
        講演「『子ども司書』になろう!
            ~今日からあなたは本と人を未来につなぐ『大使』です~」
        講師 東海学院大学 総合福祉学科 教授 アンドリュー・デュアー さん
        グループディスカッション「『子ども司書』になって、やってみたいことはなぁに?」
        三重県立図書館バックヤード見学
 4.研修の様子
   
   ディスカッション      
  グループの子どもたちは好きな本の     アンドリュー先生からは子ども司
  ことも話しながら自己紹介しました。    書の役割や読書の意義をお話しい
  早速、仲良くなることができたよう     ただきました。先生の講義のあと
  です。この日のために、本の紹介を     のグループディスカッションでは
  練習してきてくれた子たちもいまし     図書館に展示コーナーを作りたい
  た。                   などの意見が出ていました。

         
  三重県立図書館のバックヤードを      今日の全体研修には、5市町から
  見学しました。生まれるずっと前      約30名近い子どもたちが参加し
  の古い新聞が図書館に残されてい      てくれました。また、認証式で
  ることにも子どもたちは驚いてい      会えることを楽しみにしてくれて      
  ますが、当時のテレビ欄の説明を      いるといいですね。
  聞いてさらにビックリです。
 

実施研修

 各市町図書館等は、「子ども司書推進プロジェクト」が発行した「子ども司書マニュアル」を参考のうえ、企画した実地研修を、子ども司書養成講座受講希望者を対象に実施しています。
 平成28年度に子ども司書養成講座を実施する各市町図書館等では以下の取組を実施しています。

尾鷲市(尾鷲市立図書館

 1.実地研修の計画
 2.実地研修の様子
           
   図書館の窓口業務を体験。        何度も練習してのぞんだ
   当日は、新聞記者さんから        おはなし会。「にゃーご」
   取材を受けました。           という絵本で実演!

           
   おはなし会に参加した小さ       ストーリーから考えた手づ
   な子どもたちと一緒に折り       くり絵本。みんな一生懸命
   紙を折ってます。           作成しています。

 子どもたちのなかには、最初は人前で読み聞かせを行うのに、とまどっている子もいましたが、研修をつ
うじておはなし会の意義や手法を学んだり、練習を重ねることで堂々と話すことができるようになった子も
いました。
 

朝日町(あさひライブラリー

 1.実地研修の計画
 2.実地研修の様子
                 
   図書館で行う工作教室を       準備した工作教室では、参加
   司書さんと一緒に準備し       者に手順などを教えました。 
   ました。              「教えるのは難しかった!」
 
  
  自らおすすめの本を選び、展示
  コーナーを作りました。
  
   子どもたちからは、研修に参加し、学んでみて「みんなが本を大切にしているのがわかった。自分も
  司書を目指してみたい」などの感想が寄せられ、研修が充実していたことが伺えます。
 

菰野町(菰野町図書館

 1.実地研修の計画
 2.実地研修の様子
   カウンター業務          返本作業
   図書館の仕事について講義          図書の分類方法についても
   の後、カウンター業務に挑          講義を受けた後、間違えな
   戦!                    いように慎重に返却中。

   補修作業          選書作業
   本の専門の補修方法を学ん          カタログをみながら、下級
   だら、学校の図書館でもや          生や同級生へオススメする
   りたくなりました!             本を選書中。
 
  3.2以外の研修のご紹介
  「第1回菰野町手作り民話絵本コンクール2016」の審査に参加
   手作り絵本教室に参加
   選書本の展示ポップの作成
 

明和町(明和町ふるさと会館

 1.実地研修の計画
 2.実地研修の様子
   カウンター体験       POPづくり
   司書の仕事や工夫を学ん        ポップ作成のコツなどを学
   だ後、交代でカウンター        んだ後、オススメ本を紹介
   業務を体験しました。         するポップを書いています。

   展示コーナー       お話し会
   ポップを添えて、子ども        小さなこどもたちの前で
   たちが選んだオススメ本        本の読み聞かせを実施。
   を図書館に展示しました。       練習の成果を発揮! 

  研修が終わった後、子どもたちからは「もっとやりたかった」という声が聞かれました。研修の最
 後には、受講生同士がすっかり仲良くなり、自分の学校でできることや、やりたいことを活発に議論
 してくれるようになりました。

3.明和町ふるさと会館から子どもたちへのメッセージ
  本館では、「本」をとおして学校や地域が成長することを願っています。研修に参加してくれた子ども
 たち一人ひとりの体験が学校、地域をまた一つ成長させることになりました!
 

多気町(多気町立図書館

 1.実地研修の計画
 2.実地研修の様子
   図書館の仕組み等を学ぶ       魅力と伝える技術を学ぶ
   図書館の仕組などを司書        読書の魅力を伝えるため
   さんから教えてもらって        ブクブク交換会をやって
   います。               みました。  
   
   本の制作過程を学ぶ       活動方法を考える 
   バリアフリーの観点から        今までの学びをまとめた
   布絵本の意義を学び、         ファイルと手書きポップ
   実際に作ってみました。        を持ってパチリ!
  
 3.多気町立図書館から子ども司書を目指すみなさんへのメッセージ
   図書館は、幸せな社会を作っていくための「判断材料」を置いている大切なところ。みなさん、図書
  館使いの達人になって、図書館のことお知らせしてね!   
 
 4.2以外の研修のご紹介
   公共図書館で行う「ほんとカフェ」で”ブクブクブース”(本の紹介コーナー)を実施
   高齢者福祉施設での”おはなし会”
   絵本作家講演会と原画展に参加
 

今後の予定

 各市町で行う実地研修を修了した約30人の子どもたちを対象に、子ども司書として認証する「子ども司書認証式」を開催します。認証式にあわせて、読み聞かせの世界を楽しむ講演会や読書ボランティアと子どもたちとの交流会を実施します。
 1.日時   平成29年3月25日(土)13:30~16:00
 2.場所   三重県総合文化センター内「フレンテみえ」3階 セミナー室C
 3.内容   子ども司書研修成果の発表会、講演、認証式、読書ボランティアとの交流会を予定していま
        す。
 4.講演   読書の楽しさを伝える意義について、読み聞かせなどの実技を交えながら学べる講演会を開
        催します。
         講師 NPO法人 ほがらか絵本畑 理事長 三浦伸也 さん
         演題 「しんちゃんから技を伝授!『ライブで読み聞かせ』」
          ほがらか絵本畑 三浦さん       
 5.申込締切 平成29年3月21日(火)
 6.申込方法 ファックスもしくはメールにて申込先まで参加申込書を送付してください。
 7.申込先  三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課
        ファックス 059-224-3023
        メール   shabun@pref.mie.jp     

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 社会教育・文化財保護課 社会教育班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-3322 
ファクス番号:059-224-3023 
メールアドレス:shabun@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000187820