現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 地球環境と生活環境 >
  4. 水環境 >
  5. 三重の水資源 >
  6. 三重の主な水源施設 >
  7.  比奈知ダム
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 水資源・地域プロジェクト課  >
  4.  水資源・土地利用班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

比奈知ダム

比奈知ダム

 比奈知ダム事業は昭和47年度に実施計画調査を開始し、昭和57年3月から建設に着手し、平成10年10月竣工した。

目的

洪水調節

 比奈知ダムは、ダム地点の計画高水流量毎秒1,330m3のうち700m3の洪水調節を行い、既設のダム郡(高山・青蓮寺・室生・布目)とあわせて、名張川流域や木津川・淀川流域の洪水被害を軽減する。

流水の正常な機能の維持

 名張川は、鮎の生息する水のきれいな川として知られており、農業用水・生活用水としても利用されています。そのため、ダムからの放流により既得用水の補給等、流水の正常な機能の維持と増進を図る。

都市用水の供給

 人口の急増により水需要の増大している名張市、京都府及び奈良市に1日最大約13万m3の取水が出来るようにする。合わせて、最大出力1,800kwの発電を行う。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 水資源・地域プロジェクト課 水資源・土地利用班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2010 
ファクス番号:059-224-2219 
メールアドレス:shigen@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000033997