現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 地域づくり >
  4. 地域プロジェクト >
  5. その他 >
  6.  伊勢志摩であい交流スクエア
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 水資源・地域プロジェクト課  >
  4.  地域プロジェクト班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

伊勢志摩であい交流スクエア

伊勢市朝熊山麓(まつり博の跡地)は、この地域が国際リゾート「三重サンベルトゾーン」や「伊勢志摩国立公園の玄関口にあたること、県営サンアリーナを有効活用していく必要があることなどから、三重県と伊勢市が適切な役割分担のもとに、その有効活用を図る必要があります。 

三重県としては、県営サンアリーナ前面の低地部分を中心に土地利用を図るため、平成7年度に「伊勢志摩であい交流スクエア整備事業」を実施し、現状で考えられる導入機能(交流・情報・文化・遊・産業支援・都市管理)と次の対応を打ち出しています。

短期的対応-サンアリーナの利用促進につながるイベント広場、庭園、駐車場の整備 中長期的対応ー新たに顕在化してくる機能も含め、今後必要な導入機能や施設整備の検討 平成8年度には、このために必要な部分(であいのゾーン約21.6ha)を伊勢市から購入しました。

整備のコンセプト

伊勢志摩であい交流スクエア

=新たな”であい”と”交流”の機会を創造する多機能交流都市核の形成=

整備の基本方針

  1. 三重県における広域的な情報発信機能の整備
  2. 地域の自然、歴史・文化を生かした観光リゾート・交流拠点の整備
  3. 伊勢志摩地域を牽引する新たな都市機能の整備
  4. 県営サンアリーナの機能の活用 

現状と課題

まつり博跡地の利用計画は、三重県及び伊勢市がそれぞれ策定していますが、社会経済情勢の変化を踏まえて、改めて具体策を検討する必要があり、このため、平成11年11月、「まつり博跡地活用県市検討会」を設置し、意見交換を行ってきました。

その結果、平成18年11月に、「まつり博跡地の活用方針について」のとりまとめに至りました。

今後は、引き続き伊勢市をはじめとする関係機関等と協調し、この活用方針に沿って、土地の利活用を進めていきます。

 

三重県地域連携部水資源・地域プロジェクト課
津市広明町13番地
TEL/059-224-2419・FAX/059-224-2219

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 水資源・地域プロジェクト課 地域プロジェクト班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2419 
ファクス番号:059-224-2219 
メールアドレス:shigen@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000033953