現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. 食中毒 >
  5. 食中毒関係 >
  6.  最近の食中毒発生状況
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 食品安全課  >
  4.  食品衛生班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

最近の食中毒発生状況

本情報は、三重県内の施設で発生した食中毒事件を、報道発表から1ヶ月程度掲載しています。
ただし、処分をした施設名・営業者名は、処分解除後に削除しています。

平成30年の食中毒発生状況

過去の発生状況は、こちらをクリックしてご覧ください。  
  〇過去の状況まとめ
 

過去1ヶ月の発生状況

平成30年9月17日発表分

1 概要
  平成30年9月13日(木)に報道資料提供を行った、桑名市内で発生したキノコによる食中毒について、
 9月17日(月)18時30分頃、入院先の医療機関から桑名保健所あてに、患者が死亡したとの連絡があり
 ました。
 
2 発病状況
 1)喫食者   75歳、男性1名
 2)主な症状  悪心、下痢、嘔吐、首から肩にかけての痛み、呼吸困難等
 3)発病日時  平成30年9月11日(火)朝
 4)死亡日時  平成30年9月17日(月)16時51分
 5)経過
  ・10日(月)キノコを採取し、夕食に当該キノコを調理し、喫食した。
  ・11日(火)朝より悪心・嘔吐・下痢の症状があり、同日20時頃体の痛みが出たため、近隣の住民に依
   頼し、救急車により医療機関を受診し、そのまま入院となった。
  ・12日(水)朝より状態が悪化し、同日14時頃には、人工呼吸器を使用する状態となったため、医療機
   関が桑名保健所に通報した。その後、さらに容体が悪化したため愛知県内の医療機関に転院した。
  ・17日(月)16時51分、入院先の医療機関で死亡したことが確認された。
  ※発病状況は、本人から確認できないため、医療機関や近隣住民からの聴き取りによるものです。
 
3 原因施設
  家庭
 
4 原因食事
 1)平成30年9月10日(月)夕食
 2)原因食品:ニセクロハツ(推定)
 
5 原因物質
  植物性自然毒

平成30年9月13日発表分

1 概要
 平成30年9月12日(水)14時30分頃、桑名市内の医療機関から桑名保健所へ、キノコによる食中毒と思われる患者を診察した旨の通報がありました。
 桑名保健所が調査したところ、患者は、9月10日(月)に採取したキノコをその日の夕食として自宅で調理し、1人で喫食していたことが判明しました。
 また、調理済みのキノコの残品を確認したところ、有毒なキノコの「ニセクロハツ」である可能性が高く、患者の症状もニセクロハツによる食中毒症状と一致し、医師からの届出があったことから食中毒と断定しました。
 
 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 食品安全課 食品衛生班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2343 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:shokusei@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000041708